新着記事

2019年09月20日

[日経DI]湿布薬のみの処方箋を見て考えたこと

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

「土日を挟むと症状が悪くなるんだよ」。こう言って月曜日に整形外科にかかり、処方箋を持参した60代男性。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:湿布薬のみの処方箋を見て考えたこと
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201909/562332.html

2019年09月12日

[日経DI]薬学生が「在宅をやりたい」という理由

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日、薬学生と話す機会があり、「在宅をやりたい!」と強く希望している学生がいることを知りました。就職後のキャリアを思い描き、大変熱心に話をするその様子を見ていると、本当に在宅医療に関わりたいという気持ちが伝わって来ると同時に、きっといい薬剤師になるという確信を持ちました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬学生が「在宅をやりたい」という理由
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201909/562214.html

2019年09月05日

[日経DI]日医の主張にみる薬剤師会が目指すもの

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

今回は、最近、私が気になった2つのニュースを紹介したいと思います。
1つは、ポリカルボフィルカルシウム(商品名ポリフル他)のスイッチOTC化に関するもの、もう1つは、薬剤師の卒後臨床研修必須化に関連する話題です。


続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:日医の主張にみる薬剤師会が目指すもの
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201909/562116.html

2019年08月30日

[日経DI]「免許の返納、ご英断ですね」の声掛け

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 ここ最近、自動車の運転に関する話題を見聞きすることが増えています。飲酒運転はもちろんのこと、交通ルールを守らなかったり、いわゆる“あおり運転”を行ったりすることに対して、社会はこれまでにないほど厳しい目を向けています。高齢者による自動車事故もその1つであり、「高齢者は運転すべきでない」「免許を自主返納するのが当たり前」といった空気すらあります。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「免許の返納、ご英断ですね」の声掛け
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201908/562066.html

2019年08月22日

[日経DI]「あの薬局は休んでいる」と批判する心理

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日、ネット上で話題になっていたのですが、路線バスの車内に以下のような内容の張り紙がされていたそうです。

只今、当社ではバス乗務員における「熱中症」対策として、駐停車(信号待ち等)の間を利用し、水分補給を行っておりますので、ご理解のほどお願いいたします。


続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「あの薬局は休んでいる」と批判する心理
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201908/561965.html

2019年08月15日

[日経DI]日本にもエマージェンシーリフィルの導入を

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2019年8月1日に掲載した当コラムで、処方箋なしでの処方箋医薬品販売について触れました。今回は、「いつものお薬がなくなってしまったんだけど、数日分出してもらえないか」と、患者さんが処方箋を持たずに来局した際の対応について、考えてみたいと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:日本にもエマージェンシーリフィルの導入を
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201908/561914.html

2019年08月08日

[日経DI]ヒヤリ・ハット、積極的に報告することの重要性

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 登録薬局数は約3万3000軒、年間報告件数は約8万。この数字は、2018年の「薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業」の薬局数と報告件数です。
 2018年度の調剤報酬改定で、この事業への登録が地域支援体制加算の算定要件として定められました。そうしたことにより、報告数が以前よりも増えている一方、その報告の「質」が下がっているのではないかと指摘する声も、一部から聞かれるようになりました。


続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:ヒヤリ・ハット、積極的に報告することの重要性
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201908/561867.html

2019年08月01日

[日経DI]ツルハの違反行為の根底にあるもの

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 ツルハドラッグ小樽店(北海道小樽市)が、2004年9月ごろから14年5月ごろの間、処方箋を持たない人に処方箋医薬品を販売したこと、そうした人に対応する際のマニュアルが存在していたことがニュースになっています。また、千葉県佐倉市のウエルシアの店舗でも同様のことがあったことも併せて報じられていて、こちらは既に県から業務停止処分が出ています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:ツルハの違反行為の根底にあるもの
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201908/561786.html

2019年07月24日

[日経DI]吉本の騒動で考える薬局業界のパワーバランス

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2019年7月20日、吉本興業(大阪市中央区)から契約解除された雨上がり決死隊の宮迫博之さんと、謹慎中だったロンドンブーツ1号2号の田村亮さんの会見が行われました。当初、謝罪会見では?と予想されていたものが、蓋を開けてみたら“暴露会見”だったということで、大きな反響を呼んでいます。さらに、それを受けて吉本興業の社長の会見も行われました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:吉本の騒動で考える薬局業界のパワーバランス
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201907/561702.html

2019年07月19日

[日経DI]調剤料を下げるなら導入してほしいこと

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2020年度の調剤報酬改定。様々なニュースを見る限り、調剤料の見直し(=減額)が既定路線になっています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:調剤料を下げるなら導入してほしいこと
https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/di/column/kumagai/201907/561665.html

2019年07月12日

[日経DI]急ぐ患者と薬剤師はどう向き合うか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日、40代の男性が処方箋を持って来局しました。初めて来局された患者さんでしたので、初回質問票を書いていただくようにお願いしたところ、「じゃあ、他に行くから処方箋を返して!」とイライラした様子を隠さずに言います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:急ぐ患者と薬剤師はどう向き合うか
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201907/561584.html

2019年07月05日

[日経DI]今、改めて考えたい「急配」

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 薬局が卸に至急の配達をお願いする、急配。

 2019年6月28日に開催された厚生労働省の「医療用医薬品の流通改善に関する懇談会」でも、頻回配送・急配の改善は話題に上がったようで、資料を見ると、日本医薬品卸売業連合会の委員は「頻回配送や急配の改善に関する議論はまだ不十分であるが、効率的な流通を行う上で大きな障害になっていることから、ルール化が必要」と報告していました。


続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:今、改めて考えたい「急配」
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201907/561485.html

2019年06月26日

[日経DI]久しぶりに「熊谷君」と呼ばれて

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日、実家に戻ったときのことです。近所の知人宅にお届け物があり、ちょうど手の空いていた私が行くことになりました。中学校の同級生の家で、当時何度もお邪魔して、たまに夕飯もご馳走になったお宅でした。その同級生は家を出ていていないことは知っていたのですが、同級生のお母さんと、わずかな時間でしたが昔話や近況など話しました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:久しぶりに「熊谷君」と呼ばれて
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201906/561395.html

2019年06月21日

[日経DI]薬剤師が考える「お弁当問題」

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日、SNS(交流サイト)を見ていたら、製薬会社が研修会や学会のランチョンセミナーで提供するお弁当のことが話題になっていました。「私は食べる」「食べない」「余ったらもったいない」といった意見から、「お弁当を持って帰って彼女と食べた」という思い出話など、色々と書かれていました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬剤師が考える「お弁当問題」
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201906/561365.html

2019年06月13日

[日経DI]薬剤師一人ひとりが意見を持つことの重要性

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 様々なキャンペーンについて、オンラインで署名を集める、「Change.org」というサイトがあります。ここに先週、「緊急避妊薬を処方箋なしで薬剤師が提供できる医療用医薬品カテゴリーにしよう」という要望書が公開されました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬剤師一人ひとりが意見を持つことの重要性
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201906/561281.html

当該サイトはこちらです。

緊急避妊薬(アフターピル)の分類を『処方箋医薬品以外の医薬品』に変更し、薬剤師が提供できるようにしてください
http://chng.it/hMfRfmzLHg

2019年06月06日

[日経DI]「あなたにお願いしたい」と言われる薬剤師

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 もう20年以上も前、私が自動車の販売会社に営業職で勤務していた時の話です。新車を売ってナンボの世界でしたから、個々人に販売台数の「ノルマ」がありました。私の場合、月に3台から、多い月だと5台くらいだったでしょうか。もちろん年次が上がれば台数も増え、月に10台以上のノルマを抱える人もいました。バブル崩壊後のなかなか車が売れない時期だったので、結構大変だった記憶があります。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「あなたにお願いしたい」と言われる薬剤師
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201906/561168.html

2019年05月30日

[日経DI]頭の固い旧タイプ人間にはなりたくない

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

お子さんが校外で運動系の習い事をしているという保護者の方からこんな話を聞きました。習い事では、以前から全体連絡を昔ながらの連絡網で行ってきたそうですが、先ごろ遂にLINEを導入したというのです。「やっぱりそういう時代ですね!」と相づちを打ったところ、嘆き節が返ってきました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:頭の固い旧タイプ人間にはなりたくない
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201905/561062.html

2019年05月23日

[日経DI]患者の愚痴に思う「医療は文化だ!」

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日、改元に伴う10連休がありました。これだけ長期のお休みはなかなかないだけに、連休前後はその“しわ寄せ”で慌ただしい毎日続いたという方も少なくないでしょう。10連休がいいのかどうかは意見が分かれるところかもしれませんが、休みそのものは悪いことではないですし、個人的にも(10連休こそ取れませんでしたが)、ゆっくり過ごすことができました。


続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:患者の愚痴に思う「医療は文化だ!」
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201905/560960.html

2019年05月10日

[日経DI]対人業務へのシフトを阻む、薬歴業務の負荷

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 新天皇が即位され、元号も「令和」になりました。それに伴う10連休、読者の皆様はいかがお過ごしだったでしょうか。個人的には、昭和から平成になった時のことを知っているだけに(当時私は中学3年生でした)、同じ改元でも世の中の様子がだいぶ違うなという印象を持ちました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:対人業務へのシフトを阻む、薬歴業務の負荷
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201905/560787.html

2019年04月25日

[日経DI]新人薬剤師に、あえて対物業務を学ばせる理由

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 4月から、私の薬局で働いている新人ですが、今は主に対物業務をやってもらっています。薬剤師国家試験に合格したものの、薬剤師免許も保険薬剤師登録も手にしておらず、まだ大々的に対人業務をしにくいということが大きな理由です。では、時間がたてば対人業務に専念できるのかといえば、そんなことはありません。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:新人薬剤師に、あえて対物業務を学ばせる理由
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201904/560687.html

2019年04月17日

[日経DI]「0402通知」は院内処方にも適用すべき

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 既にご存じの方も多いと思いますが、4月2日に「調剤業務のあり方について」(薬生総発0402第1号)という通知が厚生労働省から発出されました。現場では、少なからず衝撃を持って受け止められていると思います。ただ大きな流れの中で見ると、薬剤師の業務が対物業務から対人業務にシフトする中で、どこかのタイミングで出てくるべきものなのかもしれません。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「0402通知」は院内処方にも適用すべき
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201904/560626.html

2019年04月15日

[日経DI]新人を迎えて気付いた「マイルール」の存在

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 新年度で6年目を迎えた私の薬局ですが、今年は大きな変化がありました。この4月に新入社員を迎え入れたのです。彼は3月に薬学部を卒業し、そして薬剤師国家試験に受かったばかりの新卒薬剤師。例年はあまり意識することがない国家試験の合格発表が、今年はやけに気になりました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:新人を迎えて気付いた「マイルール」の存在
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201904/560562.html

2019年04月05日

[日経DI]処方箋40枚ルールは「処方の軽重」で見直しを

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 薬剤師の配置基準の見直しが話題になっていますね。厚生労働省医薬・生活衛生局長の宮本真司氏は、「一律に40枚ということの合理性がない」と指摘し、見直す考えを明らかにしたそうです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:処方箋40枚ルールは「処方の軽重」で見直しを
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201904/560466.html

2019年03月20日

[日経DI]「後発品は副作用が出るから嫌」の裏にあるもの

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2019年3月13日、ユリーフ錠のオーソライズド・ジェネリック(AG)であるシロドシン錠「DSEP」が第一三共エスファから発売されました。私の薬局では、このAGを採用することにしましたが、患者さんの中には、いまだ「ジェネリック(後発医薬品)は嫌だ」という方が少なくありません。今回は、患者さんの「ジェネリックが嫌」という言葉の裏にある心理について考えたいと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「後発品は副作用が出るから嫌」の裏にあるもの
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201903/560245.html

2019年03月13日

[日経DI]「模範回答」は必ずしも役に立つわけではない

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 読者の皆さんの薬局では、薬のお届け、配達はどの程度行っているでしょうか。私のところでは、急激にというわけではないのですが、少しずつ増えています。在庫が足りなかった分の薬のお届けだったり、施設に持っていったり、あるいは、取りにいけないから届けてほしいと頼まれたり……。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「模範回答」は必ずしも役に立つわけではない
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201903/560151.html

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...