新着記事

2020年01月18日

[日経DI]「医師の求めに応じて」に感じた憤り

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 薬局薬剤師業務に関する話題のトレンドといえば、「対物業務から対人業務へのシフト」であり、2020年度調剤報酬改定においても内服薬の調剤料を引き下げて、対人業務の点数を引き挙げる方向性が示されています。2019年末から、中央社会保険医療協議会(中医協)で議論され、2020年1月15日に「これまでの整理」として決定した中には以下のような文言があります。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「医師の求めに応じて」に感じた憤り
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202001/563895.html

2020年01月09日

[日経DI]調剤基本料が下がり続ける弊害

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 年が明け、気がつけばもう1週間が過ぎました。私にとっては例年になく穏やかな年末年始でしたが、読者の皆さまはどのようにお過ごしだったでしょうか。本年も「薬剤師的にどうでしょう」をよろしくお願いいたします。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:調剤基本料が下がり続ける弊害
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202001/563793.html

2019年12月28日

[日経DI]処方箋の期限延長の対応でモヤモヤ

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 今年も残すところ、あとわずかとなりました。薬局も慌ただしい毎日が続きますね。年末年始の薬局の風物詩(?)といえば、普段持ち込まれない遠方の医療機関の処方箋が舞い込むことです。またそうした処方箋で、しばしば困るのが使用期限切れの問題です。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:処方箋の期限延長の対応でモヤモヤ
https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/di/column/kumagai/201912/563678.html

2019年12月21日

[日経DI]気になる診療所敷地内薬局の基本料の行方

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

今回も、2020年度調剤報酬改定に向けた中央社会保険医療協議会(中医協)の議論から、調剤基本料をテーマにしたいと思います。
医療経済実態調査の結果によると、病院敷地内薬局だけでなく、診療所敷地内薬局の損益率が高かったことから、診療所敷地内薬局の調剤基本料が見直されるのではないかという流れがあるのはご存じの通りです。


続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:気になる診療所敷地内薬局の基本料の行方
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201912/563627.html

2019年12月14日

[日経DI]中医協で出た同一薬局の利用促進策に疑問

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2020年度の調剤報酬改定に向けて、中央社会保険医療協議会(中医協)総会で議論が進められている真っただ中です。このコラムでも、これまで度々話題にしてきましたが、2019年12月4日には薬剤服用歴管理指導料が議題になりました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:中医協で出た同一薬局の利用促進策に疑問
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201912/563515.html

2019年12月06日

[日経DI]働き方改革を実感させられた医薬品卸の対応

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2019年11月のある日曜日、地域の休日夜間対応の当番薬局を引き受けた時の話です。インフルエンザの患者が多く来る心配はそれほどなかったのですが、当日の当番医や過去に当番した際に調剤した医薬品を確認して、不足することがないように、10日ほど前から準備をしておきました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:働き方改革を実感させられた医薬品卸の対応
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201912/563327.html

2019年11月29日

[日経DI]院内調剤の後発品使用、進まぬ現状に異議あり

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 前回の当コラムで、後発医薬品の使用促進に関して、目標である80%を達成するためには、処方箋の「変更不可欄」と「患者希望」がキーになるのではないかと話題にしました。後発品については、2019年11月15日の中央社会保険医療協議会(中医協)総会で、さらに踏み込んで、医療機関内での後発品の使用について、議論になったようです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:院内調剤の後発品使用、進まぬ現状に異議あり
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201911/563270.html

2019年11月22日

[日経DI]後発品促進、手を入れるべきところは明らかだ

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2019年11月15日に開催された中央社会保険医療協議会(中医協)総会で、後発医薬品の使用促進について議論されました。具体的には、調剤報酬で規定されている後発医薬品調剤体制加算などについて、政府目標である使用割合80%を達成するためにどうすべきかが議題になったようです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:後発品促進、手を入れるべきところは明らかだ
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201911/563180.html

2019年11月15日

[日経DI]誰を恐れて問い合わせするのですか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 前回の記事で、薬剤師が疑義と問い合わせを主体的に判断して、その要否を現場で判断していくことが大切ではないかと提案しました。これに対して、「賛同はできる、言いたいことは分かる。でも実際はそんなわけにはいかないんだよ。5mg2錠を10mg1錠に変更するのに、問い合わせをしなくてはならないんだよ……」というのが、第一線で働いている薬剤師の本音ではないかと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:誰を恐れて問い合わせするのですか
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201911/563096.html

2019年11月08日

[日経DI]疑義照会と問い合わせの違いを考えよう

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 前回の私のコラムで、中央社会保険医療協議会(中医協)総会で議論された、処方内容に関する問い合わせの簡素化をテーマにしました。その後もこの件について色々と考えを巡らせていたのですが、中医協では、「処方内容に関する問い合わせ」という表現がなされていて、「疑義照会」という単語が出てきていないことに気が付きました。読者の皆さまはお気づきだったでしょうか。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:疑義照会と問い合わせの違いを考えよう
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201911/562976.html

2019年10月31日

[日経DI]中医協の議論で感じた残念な気持ち

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2020年度調剤報酬改定に向けて、中央社会保険医療協議会(中医協)で議論が進んでいます。19年10月25日には、医療機関と薬局で取り決めて、処方箋内容に関する問い合わせを簡素化するという取り組みがテーマに上がりました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:中医協の議論で感じた残念な気持ち
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201910/562892.html

検査値×処方箋の読み方 よくあるケースに自信をもって疑義照会する!
 

2019年10月18日

[日経DI]台風が迫る中、薬局を開けて考えたこと

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 10月12日夜から13日未明にかけて東日本を縦断した台風19号。大型で非常に強い台風とアナウンスされていた通り、各地で被害が相次ぎました。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々にお見舞い申し上げます。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:台風が迫る中、薬局を開けて考えたこと
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201910/562753.html

2019年10月09日

[日経DI]今こそ「お薬受診」への処方箋を

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

いわゆる「お薬受診」「お薬外来」などと呼ばれている無診察投薬。医療関係者の多くが、実際に見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:今こそ「お薬受診」への処方箋を
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201910/562623.html

2019年10月04日

[日経DI]調剤料の引き下げ分は対人業務に振り替えて

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 中央社会保険医療協議会(中医協)において、2020年度調剤報酬改定に向けた具体的な議論が始まりました。既に話題になっていますが、薬局に大きな影響を与えそうなのが、調剤料の見直しです。これまでの改定でも、部分的な見直しはありましたが、今回が実質的な第1弾でしょうか。いよいよ大掛かりなものになりそうです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:調剤料の引き下げ分は対人業務に振り替えて
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201910/562569.html

2019年09月28日

[日経DI]不評のかかりつけ薬剤師制度をこう変えたい

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2020年度調剤報酬改定に向けて、厚生労働省の社会保障審議会医療部会では、改定の基本方針が話し合われています。院内処方と院外処方の価格差の話が出ていますが、今回はかかりつけ薬剤師について考えてみたいと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:不評のかかりつけ薬剤師制度をこう変えたい
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201909/562439.html

2019年09月20日

[日経DI]湿布薬のみの処方箋を見て考えたこと

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

「土日を挟むと症状が悪くなるんだよ」。こう言って月曜日に整形外科にかかり、処方箋を持参した60代男性。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:湿布薬のみの処方箋を見て考えたこと
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201909/562332.html

2019年09月12日

[日経DI]薬学生が「在宅をやりたい」という理由

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日、薬学生と話す機会があり、「在宅をやりたい!」と強く希望している学生がいることを知りました。就職後のキャリアを思い描き、大変熱心に話をするその様子を見ていると、本当に在宅医療に関わりたいという気持ちが伝わって来ると同時に、きっといい薬剤師になるという確信を持ちました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬学生が「在宅をやりたい」という理由
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201909/562214.html

2019年09月05日

[日経DI]日医の主張にみる薬剤師会が目指すもの

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

今回は、最近、私が気になった2つのニュースを紹介したいと思います。
1つは、ポリカルボフィルカルシウム(商品名ポリフル他)のスイッチOTC化に関するもの、もう1つは、薬剤師の卒後臨床研修必須化に関連する話題です。


続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:日医の主張にみる薬剤師会が目指すもの
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201909/562116.html

2019年08月30日

[日経DI]「免許の返納、ご英断ですね」の声掛け

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 ここ最近、自動車の運転に関する話題を見聞きすることが増えています。飲酒運転はもちろんのこと、交通ルールを守らなかったり、いわゆる“あおり運転”を行ったりすることに対して、社会はこれまでにないほど厳しい目を向けています。高齢者による自動車事故もその1つであり、「高齢者は運転すべきでない」「免許を自主返納するのが当たり前」といった空気すらあります。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「免許の返納、ご英断ですね」の声掛け
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201908/562066.html

2019年08月22日

[日経DI]「あの薬局は休んでいる」と批判する心理

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日、ネット上で話題になっていたのですが、路線バスの車内に以下のような内容の張り紙がされていたそうです。

只今、当社ではバス乗務員における「熱中症」対策として、駐停車(信号待ち等)の間を利用し、水分補給を行っておりますので、ご理解のほどお願いいたします。


続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「あの薬局は休んでいる」と批判する心理
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201908/561965.html

2019年08月15日

[日経DI]日本にもエマージェンシーリフィルの導入を

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2019年8月1日に掲載した当コラムで、処方箋なしでの処方箋医薬品販売について触れました。今回は、「いつものお薬がなくなってしまったんだけど、数日分出してもらえないか」と、患者さんが処方箋を持たずに来局した際の対応について、考えてみたいと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:日本にもエマージェンシーリフィルの導入を
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201908/561914.html

2019年08月08日

[日経DI]ヒヤリ・ハット、積極的に報告することの重要性

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 登録薬局数は約3万3000軒、年間報告件数は約8万。この数字は、2018年の「薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業」の薬局数と報告件数です。
 2018年度の調剤報酬改定で、この事業への登録が地域支援体制加算の算定要件として定められました。そうしたことにより、報告数が以前よりも増えている一方、その報告の「質」が下がっているのではないかと指摘する声も、一部から聞かれるようになりました。


続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:ヒヤリ・ハット、積極的に報告することの重要性
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201908/561867.html

2019年08月01日

[日経DI]ツルハの違反行為の根底にあるもの

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 ツルハドラッグ小樽店(北海道小樽市)が、2004年9月ごろから14年5月ごろの間、処方箋を持たない人に処方箋医薬品を販売したこと、そうした人に対応する際のマニュアルが存在していたことがニュースになっています。また、千葉県佐倉市のウエルシアの店舗でも同様のことがあったことも併せて報じられていて、こちらは既に県から業務停止処分が出ています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:ツルハの違反行為の根底にあるもの
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201908/561786.html

2019年07月24日

[日経DI]吉本の騒動で考える薬局業界のパワーバランス

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2019年7月20日、吉本興業(大阪市中央区)から契約解除された雨上がり決死隊の宮迫博之さんと、謹慎中だったロンドンブーツ1号2号の田村亮さんの会見が行われました。当初、謝罪会見では?と予想されていたものが、蓋を開けてみたら“暴露会見”だったということで、大きな反響を呼んでいます。さらに、それを受けて吉本興業の社長の会見も行われました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:吉本の騒動で考える薬局業界のパワーバランス
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201907/561702.html

2019年07月19日

[日経DI]調剤料を下げるなら導入してほしいこと

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2020年度の調剤報酬改定。様々なニュースを見る限り、調剤料の見直し(=減額)が既定路線になっています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:調剤料を下げるなら導入してほしいこと
https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/di/column/kumagai/201907/561665.html

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...