新着記事
03/05
03/04
03/03
03/02
02/27
02/26
02/25
02/23
02/22
02/21
02/20
02/18
02/17
02/16
02/14
02/13
02/12
02/12
02/10
02/09

2015年03月05日

[薬局新聞]被災地でのお薬手帳の有用性実感

薬局新聞連載の「ソーシャルPメンター&ニュース」第111回です。

ソーシャルPメンター&ニュース111


 引き続き、会営石巻医薬品センター薬局薬局長の丹野佳郎先生にお話をお伺いします。

 東日本大震災の際、お薬手帳が大変役に立ったと聞きます。

「山田南小学校の仮設診療所では、地元の医師の診察と薬剤師による投薬が震災直後から行われました。お薬手帳があるのとないのでは診察にかかる時間が大きく違ったと感じます。薬の在庫の関係もあり短期で処方され、同効薬への変更が頻繁に行われ、前回と何が変わったのかの確認手段は、お薬手帳しかありませんでした」。

 電子化されたものではなく、紙のお薬手帳が有用だったということですね。

「医療従事者はお薬手帳をカルテ兼薬歴といった位置づけで認識していました。血圧などの変化も記録され、単純に薬剤の記録帳としてではなく、総合的な医療情報共有ツールとして活用されていました。また、統合・閉鎖や環境問題などで避難所を移る人も少なくありませんが、そうした方への投薬の際は、処方の変化を把握することが容易にでき、非常に有用だったと思います」。

 次回は震災を通じて先生が感じたことについてお話しいただきます。


面白ブックカバー 【内服薬】 文庫本サイズ (紐しおり付き) かわいい Book Cover

 B003D1M5JW

2015年03月04日

イチオシは豆乳に!エンナチュラルグリーンスムージー

エンナチュラルグリーンスムージー


このブログは、【メタボリック】のモニターに参加中です。エンナチュラルグリーンスムージー を試してみました。グリーンスムージーなんて気取った名前ですが、いわゆる「青汁」ですね。

パッケージ裏面も賑やかな感じ。

>>>>> 続きを読む <<<<<<
12:12 | Comment(0) | 日記

2015年03月03日

[日経DI]「病院内薬局」の解禁は保険薬局にとって是か非か

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 「門内薬局」については以前話題にしましたが、今度は「病院内薬局」ができるのではないかということが話題になっています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「病院内薬局」の解禁は保険薬局にとって是か非か
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201503/541023.html

今日の臨床検査 2015ー2016

 4524261559

2015年03月02日

プラセボ製薬の「プラセプラス」をAmazonで注文してみた

プラセプラス


なかなか面白いことを考えたものですね。プラセボ製薬の「プラセプラス」というものが話題になっています。公式ホームページはこちら。

プラセボ製薬株式会社
プラセボ製薬

「プラセボ」というのは有名な言葉ですので、医療関係者でなくても知っている人はいるでしょう。しかし「これはプラセボです」と販売するとはユニークですね。この発想はなかった!

amazonからも購入できるようになっています。早速購入してみました。

プラセボ製薬 プラセプラス 200粒
B00LKUD03I

手元に届いたものがこちら。

>>>>> 続きを読む <<<<<<

2015年02月27日

病院内への保険薬局開設、3月12日の規制改革会議で議論へ

アポネットR研究会で話題になっていましたが、病院内への薬局開設を認めるというような話が出ています。

病院内の薬局開設をついに容認か? | アポネットR研究会・最近の話題

こちらは日本経済新聞の記事へリンク。

病院内に薬局OK、政府が規制緩和検討 経営の独立条件に:日本経済新聞

「門前」→「門内」と来て、遂に「病院内(同一建物内)」という流れですか。駅前から、駅ナカにシフトしたような感じでしょうかね。それだったら保険薬局である必要はないわけで、院内処方に戻したらどうですかね。

そもそも、病院内への保険薬局開設で、「経営の独立」が条件とされていますが、経営母体が別ならいいという判断なのでしょうか。何をもって経営が独立していると言えるのでしょうね。

>>>>> 続きを読む <<<<<<
20:47 | Comment(0) | ウラ

2015年02月26日

[薬局新聞]薬剤師が貢献する5つの活動

薬局新聞連載の「ソーシャルPメンター&ニュース」第110回です。

ソーシャルPメンター&ニュース110


 引き続き、会営石巻医薬品センター薬局薬局長の丹野佳郎先生にお話をお伺いします。

 改めて、薬剤師による災害支援はどんな活動があるのか、大まかにお教えください。

「災害の現場で薬剤師が貢献できることはたくさんありますが、この5つの活動が非常に重要だと考えています。東日本大震災は地震だけでなく、津波や火災があったことで、一層難しい状況だったと思います」。

・救護所・避難所で救護班へ助言
・医薬品集積場での仕分け作業
・病院・救護所での調剤
・避難所への一般用医薬品の供給
・避難所等での衛生活動(トイレ、飲料水、うがい薬、害虫駆除)

 特に津波は甚大な被害をもたらしました。

 「津波によって医療機関や薬局の機能どころか、そのものが失われてしまいました。カルテや薬歴もなく、被災者の医療情報、服薬履歴を知る術がありませんでした。また、直接的な被災地でなく通常の医療体制がある場合でも、ガソリン不足なども含め、交通手段が無いために、普段通っている医療機関を受診できないといった状況もありました」。

 次回は、災害時のお薬手帳の重要性についてお話しいただきます。


あの日から起こったこと―大地震・原発禍にさらされた医療者たちの記録

 4899841329

2015年02月25日

[日経DI]おじいちゃんになってみたら意外と大変!

高齢者疑似体験


DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日、ある製薬企業のMR氏から、「薬局で勉強会をしませんか」とお声掛けいただきました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:おじいちゃんになってみたら意外と大変!
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201502/540883.html

高齢者疑似体験教材 スタンダードセットPLUSU

 B008AGDY7C

2015年02月23日

製剤見本が箱に入っている「カロナール錠500」

カロナール錠500


発売が延期されていたカロナール錠500ですが、1月半ばに発売になっていたようですね。そういえばどうなったのか全く知らずにいたのですが、今日、製剤見本をいただきました。

上記写真のように、箱に入っています。製剤見本が箱に入っているとは、ちょっと珍しいですね。そして名称は「カロナール錠500」です。今どき、新発売でmgが入っていないことなんてあるのかなと思いましたら、「カロナール錠200」、「カロナール錠300」の方に合わせたのですね。

カロナール錠500

>>>>> 続きを読む <<<<<<

2015年02月22日

ハックドラッグでも7万8000件の薬歴未記載

福太郎に始まった薬歴未記載問題、収束するどころか広がりを見せています。

イオン系薬局チェーンも薬歴未記載 20店で7万8千件:朝日新聞デジタル

7万8000件の薬歴未記載が報じられているのは、ハックドラッグなど。大元は「CFSコーポレーション」という薬局チェーンです。

朝日新聞が入手した資料によりますと、CFS内部で「未記入薬歴滞留店舗」というリストが作成され、多い順に20の薬局が書かれていたとのこと。「最も多い店で9402件、20位で1200件」とされています。

CFSコーポレーションは、既に厚生労働省への報告を済ませていて、指導に従う意向を示しています。一方の厚労省は、特に動きはなさそう。

ちなみに、CFSコーポレーションも福太郎の親会社であるツルハも、筆頭株主はイオンです。たまたまたイオン系の薬局が続いて出てきたのか、それともイオン系薬局が抱える問題なのかは、現時点では分かりませんね。

>>>>> 続きを読む <<<<<<
12:47 | Comment(0) | ウラ

2015年02月21日

本日夜、ジョブチューンに井手口直子氏が出演

TBSのジョブチューン 〜アノ職業のヒミツぶっちゃけます!という番組があるそうなのですが、本日2月21日は「日本の名医が大集結!大好評!医者SP第4弾」という内容で放送されます。時間は午後7時から2時間のスペシャルだそうです。

プロフェッショナルゲストは医師が中心なのですが、ゲストの一人として、薬剤師の井手口直子氏が出演するとのこと。twitterにも写真がアップされていました。




You Tubeにも予告編が公開されていました。


>>>>> 続きを読む <<<<<<

2015年02月20日

薬局の備品に関する要件が2015年4月から変わりそうです

以前、総務省が「薬局における調剤に必要な設備及び器具」を見直したらどうかとあっせんしたことがありました。当ブログでも話題にしましたね。

薬局のオモテとウラ: 総務省「薬局にメスピペットなくてもいいよね?」厚労省「」

それに関して、実際に要件緩和が盛り込まれたパブリックコメントが実施されています。順当に行けば、4月1日より施行される予定となっています。

パブリックコメント:意見募集中案件詳細|電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ

ちなみに、「薬局における調剤に必要な設備及び器具」としてこれまで必要とされていたものは、

>>>>> 続きを読む <<<<<<
16:51 | Comment(0) | ウラ

2015年02月18日

[日経DI]薬歴なんて、やめちゃえばいい

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 くすりの福太郎の薬歴17万件未記載の問題、先週大きな話題になりました。読者の皆さんも大きな衝撃をもって受け止めたのではないかと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬歴なんて、やめちゃえばいい
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201502/540797.html

治療薬ハンドブック2015 薬剤選択と処方のポイント 特典アプリがついています

 4840746516

2015年02月17日

ロイズとカルビーのコラボ!「デザートポテトチップス」

デザートポテトチップス


先日、ロイズのチロルチョコをご紹介したばかりで、「またスイーツか!」とお叱りを受けそうですが、気になるものがありましたのでご紹介します。

薬局のオモテとウラ: 生チョコのように香り高い「ロイズのチロルチョコ」

ロイズとカルビーがコラボして「デザートポテトチップス」なるものが、ローソン限定で発売されているということで、早速ゲットしてまいりました。こちらです。

>>>>> 続きを読む <<<<<<

2015年02月16日

[福太郎問題]千葉県薬、東京都薬が確認文書を送付

先日、福太郎問題に関連して、3年前から元社員の薬剤師が、地方厚生局などに情報提供していたということがニュースになっていましたね。厚労省にも矛先が向いていると、先日のブログでも話題にしました。

薬局のオモテとウラ: [続報]薬の福太郎声明、社長退任、厚労省へ飛び火、日薬の対応など

それを受け、千葉県薬剤師会が、当事者であるくすりの福太郎と、管轄の厚生局宛に事実関係確認文書を送付したということです。

薬歴未記載問題で千葉県薬  福太郎と厚生局千葉事務所に事実関係確認文書を送付 | 【PNB】PHARMACY NEWSBREAK−薬局・薬剤師のためのニュースメディア

>>>>> 続きを読む <<<<<<
19:28 | Comment(0) | ウラ

2015年02月14日

感謝の気持ちを手軽に形にするgiftee(ギフティ)

giftee


このブログは、【giftee】のモニターに参加中です。gifteeというのは、ちょっとした贈り物をすることができるサイトだそうです。

ということで、早速試してみます。

ソーシャルギフトのgiftee(ギフティ) | ソーシャルギフトサービス

>>>>> 続きを読む <<<<<<
08:03 | Comment(0) | 日記

2015年02月13日

[薬局新聞]全国で被災地の体験・活動を報告

薬局新聞連載の「ソーシャルPメンター&ニュース」第109回です。

ソーシャルPメンター&ニュース109


 今回からは会営石巻医薬品センター薬局薬局長の丹野佳郎先生にお話をお伺いします。

 先生は東日本大震災を、石巻という大きな被害のあった地で経験し、そのことを多くの方に伝えようとこれまで活動してきたとお伺いしました。

「震災から間もなく4年が経ちます。この間、世の中から忘れ去られないため、周囲の雑音は一切気にせず活動してきました。全国よりお招きいただき、北は北海道から南は沖縄まで、27の都道府県で被災の体験を伝えてきました」。

 現在は日本薬剤師会の災害対策委員会で委員長もお務めとのこと。

「被災地で実際に活動したことを、組織として今後に役立てることができるならとお受けしました。震災から時間が経つにつれ、世の中の多くの人々の記憶から、震災のことが薄れていっていることをひしひしと感じます。しかし震災のことを思い出すと、未だに涙が溢れたり、怒りに震えたりすることも少なくありません」。

 復興が進む中にあっても、やはり心の傷が癒えるのには時間が必要なのですね。次回以降、先生の活動についてお話しいただきます。


ドキュメント東日本大震災 そのとき薬剤師は医療チームの要になった (日経DIブックス)

 B00JGGOA78

2015年02月12日

[続報]薬の福太郎声明、社長退任、厚労省へ飛び火、日薬の対応など

薬の福太郎


先日から続いている薬の福太郎の薬歴未記載の問題。続報ですが、当事者である薬の福太郎が声明を出しています。

当社に関する各社報道記事につきまして(PDF):薬の福太郎

親会社のツルハホールディングスが調査に入っているようですが、その調査は平成27年3月末を完了の目途としているということで、約1か月半の調査期間が必要との見解です。

また薬の福太郎の社長は退任の意向を示しています。

「くすりの福太郎」社長、退任へ 薬局薬歴未記載問題:朝日新聞デジタル

厚生労働省にも矛先が向いています。

>>>>> 続きを読む <<<<<<
21:59 | Comment(0) | ウラ

[日経DI]患者さんの生活を見て気づくこと

B0095DEVL2


DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 いつもと変わらぬ日の夕方、薬局の電話が鳴りました。電話の主はMさん(70代、女性)で、その日の午前中にお薬をお渡ししたばかり。「いつももらっている頭痛のお薬がないけれど、出ていなかったかしら?」と言います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:患者さんの生活を見て気づくこと
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201502/540689.html

認知症 専門医が語る診断・治療・ケア (中公新書)

 B00LMB2NMO

2015年02月10日

薬の福太郎「処方箋獲得コンクール」は薬剤師的にアウトでしょう

「くすりの福太郎」で、記載していない薬歴が17万件余りに及ぶということがニュースになっています。

薬のカルテ17万件未記載 調剤薬局「くすりの福太郎」 - ニュース - アピタル(医療・健康)

業界関係の方々は、かなりの衝撃をもって受け止めているのではないかと思います。

一つ気になっているのは、このニュースが朝日新聞のすっぱ抜きだということです。元々の話も、厚労省などから出てきたものではなく、記事中にありますように「内部資料」とされています。

もう一つは、調剤報酬改定の議論がこれからされるというタイミングでのリリース。この話題は世に出てくるタイミングをコントロールすることが可能ですから、何らかの意図があってもおかしくありませんね。

薬歴の未記載、もちろん大変なことなのですが、個人的にはこちらの方がショックな内容でした。

利益優先、薬歴後回し 指導に備え急ぎ記入 くすりの福太郎:朝日新聞デジタル

一部抜粋いたしますと、

>>>>> 続きを読む <<<<<<
17:45 | Comment(4) | ウラ

2015年02月09日

リポビタンDのバレンタイン限定パッケージは水色とピンクの2種類

リポビタンDバレンタイン限定ラベル


リポビタンDバレンタイン限定パッケージが、大正製薬のオンラインショップ「大正製薬ダイレクト」で、限定3000セット販売されるということで、先日ご紹介しました。

薬局のオモテとウラ: 今度は「リポビタンDバレンタイン限定ラベル」が発売に!

購入した商品が到着しましたので、早速ご紹介しましょう!こんな箱に入って運ばれてきました。

リポビタンDバレンタイン限定ラベル

>>>>> 続きを読む <<<<<<

2015年02月07日

生チョコのように香り高い「ロイズのチロルチョコ」

ロイズチロルチョコ


そろそろバレンタインの時期ということで、お忙しくしている方も多いでしょうか。これもバレンタイン商戦の一つでしょうかね。ロイズのチロルチョコが登場しています。

チロルチョコは知らない人はいませんよね。あの小さな包みにくるまれたチョコレートは、非常に魅力的な存在です。一方、ロイズは言わずと知れた北海道の会社で、「ポテトチップチョコレート」が個人的にはお気に入りです。

B0043QFLHY

>>>>> 続きを読む <<<<<<

2015年02月06日

マグミット錠の包装が大幅変更 330mgは青を基調にしたPTPに

マグミット錠


マグミット錠の包装変更については、アナウンスもあり知ってはいたのですが、新しい包装を開封したところ大幅変更で驚きましたので、改めてご紹介です。

ちなみにメーカーが出している案内はこちら。

マグミット錠(250mg、330mg、500mg)包装変更のご案内(PDF):丸石製薬

これまではアルミのPTPに色がほとんどついていませんでしたが、新しいPTPは青を基調(330mgの場合)としています。錠剤がよりはっきりと、浮かび上がるように見えますね。

>>>>> 続きを読む <<<<<<

2015年02月05日

[薬局新聞]薬剤師ソングのさらなる普及へ

薬局新聞連載の「ソーシャルPメンター&ニュース」第108回です。

ソーシャルPメンター&ニュース108


 引き続き、冲永薬局の榎本剛先生とシンガーソングライターのおかっぱミユキさんに、今後の展望をお伺いいたします。

 ズバリ、榎本先生の今後の目標は何でしょうか。

「まずは、2年後に東京都で行われる日薬の学術大会開会式で生歌を披露することです。最終的には10年後、多くの薬剤師にカラオケで自分の歌として紙風船を歌ってもらえるようになればと思っています。でも、この歌は街の薬局に焦点を当てているので、病院や製薬企業、行政で働く薬剤師にとってはピンと来ないんですよね。第二・第三の薬剤師ソングが誕生することを期待します!」

 おかっぱミユキさんからも一言お願いいたします。

「薬剤師ソング「紙風船」に携わったご縁で、さまざまな薬剤師会のイベントでこの曲を歌わせていただいています。今回は街の薬局の薬剤師さんにスポットを当てましたが、病院にお勤めの薬剤師さんからも「病院編の薬剤師ソングも欲しい」とのお声をいただきました。病院編や様々なシーンの薬剤師ソングの作成、またリクエストにもできるだけお応えしていきたいと思っています。イベントなどがあれば喜んで歌いにいきますので、お気軽にお声掛けください。」

 紙風船の今後の広がり、楽しみにしています。お二人とも、4回に渡ってありがとうございました。


薬剤師、医師、看護師のための明日からできる実践吸入指導

 4779214084

2015年02月04日

ラミクタールにブルーレター発出

ラミクタールブルーレター


ラミクタール(ラミクタール錠小児用2mg、5mg、ラミクタール錠25mg、100mg;一般名:ラモトリギン)に関してブルーレター(安全性速報)が発出されました。

ラミクタール錠小児用2mg、同錠小児用5mg、同錠25mg及び同錠100mgによる重篤な皮膚障害について(PDF):PMDA

2014年9月〜12月までの約4ヵ月間に、因果関係が否定できない重篤な皮膚障害が発現し、死亡に至った症例が4例報告されたということです。いずれも用法・用量が守られていなかったとのこと。

重篤な皮膚障害については、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、薬剤性過敏症症候群等の報告があるようです。

用法・用量の遵守と皮膚障害の早期発見、早期治療について、注意が記載されています。

日経DIクイズ 14

 4822211479

吸湿性薬剤を含む一包化要件についての解釈を明示(疑義解釈資料その12)

昨日付で疑義解釈資料「その12」が発出されていました。以下は厚生労働省が公表している資料へのリンクです。

疑義解釈資料の送付について(その12):厚生労働省保険局医療課(PDF)

ちなみに、これまでに発出された疑義解釈資料を含む、診療調剤報酬関連のページはこちら。

平成26年度診療報酬改定について:厚生労働省

今回の疑義解釈資料の中に、調剤に関するものが含まれており、処方中に吸湿性薬剤がある際の、一包化加算の解釈について明示されています。以下、引用いたします。

>>>>> 続きを読む <<<<<<
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...