新着記事
06/17
06/10
06/02
05/27
05/20
05/11
04/28
04/26
04/15
04/08
04/02
03/24
03/18
03/12
03/04
03/01
02/17
02/10
02/03
01/21

2021年06月17日

[日経DI]後発品の供給不安でも使用促進はまだ続くのか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 コロナ禍だからか、世間的にはあまり注目されていませんが、後発医薬品と一部の先発医薬品の供給において非常に厳しい状況が続いています。製薬各社から供給に関してアナウンスがなされ、その内容は「新規の納品をお断り」「既存(得意)先にも影響」「十分にお応えできない」というものです。「出荷調整は3000品目超」、また「流通調査で6割が納品に滞り」といったことも報道等で目にします。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:後発品の供給不安でも使用促進はまだ続くのか
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202106/570801.html

2021年06月10日

[日経DI]今回のワクチン接種の目的はそこじゃない

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 薬剤師によるワクチン接種の話題ですが、既報の通り2021年5月31日の検討会では、薬剤師がワクチンの打ち手となることは見送られました。検討会を踏まえて6月4日に発出された厚生労働省の通知でも、薬剤師には予診のサポートやワクチンの希釈・充填、接種後の状態観察など打ち手以外の業務を求めています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:今回のワクチン接種の目的はそこじゃない
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202106/570692.html

2021年06月02日

[日経DI]集団接種会場で実感!他職種とのチームワーク

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 全国において急ピッチで進められている、新型コロナウイルスのワクチン接種。私の住む自治体でも、まずは高齢者から集団接種が始まっています。薬局の窓口でも話題になることが増えるなど、着実に接種が広がっていることを実感しています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:集団接種会場で実感!他職種とのチームワーク
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202106/570474.html

2021年05月27日

[日経DI]最近騒がしい「薬剤師によるワクチン接種」

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 ここ1〜2週間ほどの間に、薬剤師によるワクチン接種に関してにわかに騒がしくなっています。インターネットで行われた約2万4000筆の署名が提出されたこともあり、政府のワクチン担当である河野太郎規制改革相が「薬剤師による接種を検討する」と発言。また東京都の小池百合子知事も菅義偉首相に対して、薬剤師がワクチンの打ち手となるよう要望したと報道されています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:最近騒がしい「薬剤師によるワクチン接種」
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202105/570400.html

2021年05月20日

[日経DI]ワクチンを優先接種できたからには還元したい

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先週、スギホールディングス(愛知県大府市)の会長(当時)夫妻が、居住する愛知県西尾市にワクチンの優先接種を求めていたとする報道が大きな話題になりました。ただ、世間的に“薬局たたき”の様相はなく、純粋に当人の問題として捉えられているのは、同じ業界で働く者としてやや安堵したものの、どこかスッキリしない思いがあるのも事実です。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:ワクチンを優先接種できたからには還元したい
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202105/570306.html

2021年05月11日

[日経DI]ランドセルのCMと薬局のマーケティング戦略

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 今年は昨年に続いて我慢のゴールデンウイークでしたが、読者の皆さんはどのようにお過ごしだったでしょうか。私はこの連休中、自宅でテレビを見る機会があり、そこで時期外れ(?)のランドセルのCMを見たことがとても印象に残っています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:ランドセルのCMと薬局のマーケティング戦略
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202105/570205.html

2021年04月28日

[日経DI]製剤製造企業を開示するメーカーを評価したい

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2021年4月22日、「製品供給に関するお知らせ」と題した文書が日医工(富山市)のウェブサイトで公表されました。既に多くの読者がご存じと思いますが、164品目に上る製品が出荷調整および欠品見込みという内容です。昨年から続く日医工のこうした案内を見るにつけ、もはや“お家芸”の域にすら達したのではないかと思えてきます

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:製剤製造企業を開示するメーカーを評価したい
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202104/570073.html



2021年04月26日

[日経DI]薬剤師がワクチン接種できるのはいつの日か

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 新型コロナウイルスのワクチン接種が始まっていますね。私の周囲でも、医師や看護師で接種をしたという話を聞きます。報道などを見る限りでは、なかなか予定通りに進んでいないのではないか、という印象が強いです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬剤師がワクチン接種できるのはいつの日か
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202104/570032.html

2021年04月15日

[日経DI]大病院の敷地内薬局は「搾取」ではないのか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 このほど、信州大学医学部附属病院の敷地内薬局の公募が開始されました。私の地元長野県の話で、また母校でもありますのでとても気になっているのですが、敷地内薬局もここまできたか、という感じです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:大病院の敷地内薬局は「搾取」ではないのか
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202104/569933.html

2021年04月08日

[日経DI]注射薬の不具合、担当者の対応で感じたこと

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日のこと、糖尿病治療で通院している50代の男性患者さんが来局しました。私のところは小さな薬局ですので、患者さんの情報は大体頭に入っているのですが、「この前来局したばかりなのにどうかしたのだろうか。何かトラブルかな」と思いながらすぐさま対応します。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:注射薬の不具合、担当者の対応で感じたこと
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202104/569810.html

2021年04月02日

[日経DI]初めてのツイキャス、時の流れの速さに驚き

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先週の土曜日の夜、「ツイキャス」なるものをやってみました。ご存じの方にとっては説明は不要ですが、ツイキャスとはスマホやパソコンからライブ配信ができるサービスです。実は私、今回が初ツイキャスでした!

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:初めてのツイキャス、時の流れの速さに驚き
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202104/569743.html

2021年03月24日

[日経DI]土曜日の医薬品手配で感じた24時間対応の限界

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 土曜日の午前中、地域の基幹病院は休診ですので、そこの処方箋が持ち込まれることはほとんどありません。とはいえ処方箋の有効期限は発行日を含めて4日間。60代の女性が前日にその病院を受診し、1日遅れで発行された処方箋を持参しました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:土曜日の医薬品手配で感じた24時間対応の限界
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202103/569627.html

2021年03月18日

[日経DI]急配の実態調査で垣間見えた薬局優位の感覚

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先週、日本保険薬局協会(NPhA)が急配の状況などに関する調査結果を公表しました。報道等で知る限りになってしまいますが、「急配が『1日1回未満』が84%」や「あっても1日1回程度」といった見出しが付けられているものが多かったように思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:急配の実態調査で垣間見えた薬局優位の感覚
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202103/569540.html

2021年03月12日

[日経DI]後発品が「安かろう悪かろう」時代に戻った感覚

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先週、3月4日のことです。以前から当薬局を利用している60代男性の患者さんが、処方箋を持って薬局に入ってくるなり、挨拶もそこそこに「ジェネリックはだめ、先発にして」と吐き捨てるように言います。勘のいい読者の方は既にお分かりだと思いますが、前日に日医工(富山市)の業務停止命令に関して報道されたことを受けてのものでした。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:後発品が「安かろう悪かろう」時代に戻った感覚
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202103/569457.html

2021年03月04日

[日経DI]「日医工に業務停止命令」のニュースを耳にして

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2021年3月3日、富山県が日医工(富山市)に対し、3月5日からの業務停止命令を下しました。

 先月末から、業務停止命令に向けた前兆はありました。2月25日には、「本日の一部報道について」と題して、日医工がプレスリリースをホームページで公表していました。内容は、「一部の業界紙において、富山県が当社に対して業務停止命令を出す方向で調整に入ったとの報道がありましたが、当社が発表したものではございません」というものでした。その時点で、複数のメディアで業務停止命令の報道が相次いでいて、医薬品卸各社の営業担当者からも「業務停止命令を前提として準備している」という話を聞いていました。


続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「日医工に業務停止命令」のニュースを耳にして
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202103/569369.html

2021年03月01日

[日経DI]医療用医薬品の「GS1」をたしなむ

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 今では医薬品の包装に必ず付いている「GS1データバー」。私の薬局では鑑査の際にも使っていますので、今やなくてはならないものです。普段何気なく見ていてあまり気に留めることはありませんが、今回は「医療用医薬品のGS1をたしなむ」と題して、写真も交えて話題にしたいと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:医療用医薬品の「GS1」をたしなむ
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202103/569321.html

2021年02月17日

[日経DI]ミヤBM錠の10錠シートについて思うこと

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

ミヤBM


 旧知の話題になりますが、2020年夏、これまでSP包装だったミヤBM錠(一般名酪酸菌製剤)に包装変更が行われ、PTPシートになりました。バラして一包化する際にはちょっと手間だったので、PTPシートになって扱いやすくなるかと思いきや、1シートが12錠で薬剤師の間では大ひんしゅく(?)を買っていました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:ミヤBM錠の10錠シートについて思うこと
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202102/569186.html

2021年02月10日

[日経DI]小規模薬局には厳しい地域連携薬局の中身

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日、地域連携薬局と専門医療機関連携薬局の具体的な認定基準とそれに関連する解釈が示されました。内容は既報の通りですが、個人的にはいずれもかなり高いハードルが課されたと感じました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:小規模薬局には厳しい地域連携薬局の中身
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202102/569065.html

2021年02月03日

[日経DI]傾いたラーメンの器と調剤の細かい「お作法」

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

味噌とんこつしるし盛り


 先日、お気に入りのラーメン屋さんへ食事に行ったときのことです。いつもの「味噌とんこつラーメン」を頼んで待つことしばし、目の前のテーブルにラーメンの入った器が置かれます。いざ食べようと箸を持ちますが、違和感を覚え、「なんだろう……」としばらく考えると分かりました。器が少し傾いていたのです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:傾いたラーメンの器と調剤の細かい「お作法」
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202102/568963.html

2021年01月21日

[日経DI]「回収はこれが最後」の捉え方

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2021年1月13日、日医工から38品目の自主回収が発表されました。昨年4月、5月の大量回収がまだまだ記憶に新しいところ、薬局薬剤師の間からは「また日医工か!」という声も挙がっていますが、その一方で「また日医工なのね」と驚かれなくなっている部分もあります。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「回収はこれが最後」の捉え方
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202101/568791.html

2021年01月15日

[日経DI]乳幼児12点加算の対面ルール明確化に思う

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2020年12月15日に発出された事務連絡「新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その31)」で、6歳未満の乳幼児に対する調剤で、特に必要な感染予防策を講じた場合に12点が算定できるということが明示されました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:乳幼児12点加算の対面ルール明確化に思う
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202101/568688.html

2021年01月08日

[日経DI]2021年も日薬に要望していきたいこと

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 コロナ禍の年末年始、読者の皆さまはどのようにお過ごしだったでしょうか。本年も「薬剤師的にどうでしょう」をよろしくお願いいたします。
 新年最初ですので穏やかにいこうと思っていたのですが、年末から気になっていたことがありましたので取り上げたいと思います。


続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:2021年も日薬に要望していきたいこと
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202101/568625.html

2020年12月29日

[日経DI]2021年は少しでも明るい話題を期待して

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 年の瀬も押し迫ってきましたね。慌ただしい中ではありますが、今回は2020年をざっと振り返ってみようと思います。

 先日発表された今年の漢字「密」が象徴していますが、この1年は何と言っても新型コロナウイルスに振り回された1年だったというのは、この業界に限らず多くの人が実感していることと思います。今年初め、カルロス・ゴーン氏が海外へ逃亡したことが大きな話題になりましたが、そのことがはるか昔のことのように感じます。


続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:2021年は少しでも明るい話題を期待して
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202012/568555.html

2020年12月25日

[日経DI]回収問題から考える受託製造と後発品の加算

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 前回のコラムでも話題にしました、イトラコナゾールにリルマザホンが混入した問題ですが、まだまだ余波が続いています。2020年12月17日には因果関係が認められる可能性は低いものの、当該薬剤を服用した患者さんがもう1人お亡くなりになったと発表されました。小林化工に対しては厳しい声が上がっていますし、当然誠実な対応が求められます。ただ、決して肩を持つわけではありませんが、ホームページなどでの情報公開は比較的迅速に行われている印象を受けます。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:回収問題から考える受託製造と後発品の加算
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202012/568523.html

2020年12月24日

[review]ドラッグノート2021




ドラッグノートの2021年版が、これまでとかなり変わっていました。旧版(2020年)のものがこちら。



それに対して2021年版はこちらです。

ドラッグノート2021

これまでのものはいかにも「ノート」的なイメージでしたが、色使いやキャラクターなども入り、かなり印象が違います。書籍の角が丸くなっているのは書籍そのもののイメージにもかなり影響しますが、ポケットに入れる際にはこの方がありがたかったりします。厚みはこのくらいです。

ドラッグノート2021

>>>>> 続きを読む <<<<<<
16:21 | Comment(0) |
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...