新着記事
09/17
09/08
09/02
08/24
08/06
07/29
07/20
07/15
07/07
06/29
06/23
06/17
06/10
06/02
05/27
05/20
05/11
04/28
04/26
04/15

2021年09月17日

[日経DI]期限切れ処方箋の処方元に連絡してみたら

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 よくある日常の午前中、1枚のファクスが入りました。ちょっと違ったのはその処方箋が今どきでは珍しくなってきている手書きだったこと。通常通りレセコンへ入力しようと発行日の欄を見ますと、「令和3年2月6日」の記載。送られてきた処方箋の発行日は半年以上前のものでした。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:期限切れ処方箋の処方元に連絡してみたら
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202109/571925.html

2021年09月08日

[日経DI]卸の発注システムの“進化”に驚き

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 今では当たり前になりつつあるスーパーやコンビニエンスストアのセルフレジ。もちろんお店によってセルフ化の程度や方法に違いはあるものの、多くのケースでは店員がおらず、または1〜2人の店員が遠くの方で見ているだけで、商品の読み取りから会計まで自分で操作するようになっています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:卸の発注システムの“進化”に驚き
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202109/571753.html

2021年09月02日

[日経DI]「医師が薬を手放した」ことの弊害か

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 唐突ではありますが、ここ1〜2カ月の間に私の薬局に来た処方箋の例を幾つか挙げます。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「医師が薬を手放した」ことの弊害か
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202109/571674.html

2021年08月24日

[日経DI]「薬の質問に何でも答えるべし」に疑問

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 去る日曜日の午後のことです。車を運転中に電話がかかってきました。車内のディスプレーに表示された番号をチラリと見て「恐らく、薬局からの転送電話だろうな」と思い、出てみると案の定。ハンズフリー通話で対応しつつ、すぐに車を道路脇の駐車場に止めて、会話に集中します。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「薬の質問に何でも答えるべし」に疑問
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202108/571562.html

2021年08月06日

[日経DI]医薬品は大量消費するものではない

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 過日、業界紙やSNS(交流サイト)で突如として(?)、医療用医薬品をサブスクリプション方式で販売する薬局が話題になりました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:医薬品は大量消費するものではない
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202108/571367.html

2021年07月29日

[日経DI]後発品企業への「念書ルール」に疑問

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日、厚生労働省が後発医薬品の薬価収載についてルールを厳格化するという通知を、日本製薬団体連合会会長宛てに出したと報道されました。内容としては、製造販売業者が薬価収載から5年以内に供給不足を起こした場合、業者は自発的に収載を2回見送るというものです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:後発品企業への「念書ルール」に疑問
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202107/571291.html

2021年07月20日

[日経DI]反復利用可能処方箋は分割調剤の二の舞いにしないで

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2021年7月14日の中央社会保険医療協議会(中医協)にて、2022年度調剤報酬改定に向けた議論がいよいよ始まったと話題になっています。20年度改定からの申し送り事項や、いわゆる骨太の方針などの内容が色濃く反映されていて、ゼロからのスタートと言うよりは、ある程度の方向性は決まっている、場合によっては着地点すら想定されているのではないかと考えてしまいます。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:反復利用可能処方箋は分割調剤の二の舞いにしないで
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202107/571216.html

2021年07月15日

[日経DI]「職域接種でカロナール配布」にもやもや感

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 新型コロナウイルスのワクチン接種ですが、窓口で患者さんと話をする中でもだいぶ進んでいるという印象です。ここに来てワクチン不足なども言われていますが、職域接種も始まり、着実に積み上げていきたいところですね。
 さてそんな中、ワクチン接種に関連して気になることがありました。


続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「職域接種でカロナール配布」にもやもや感
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202107/571149.html

2021年07月07日

[日経DI]後発品の供給に腐心する現場を無視しないで

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2021年6月29日、財務省より予算執行調査の内容が公表されました。そこにあったのは、後発医薬品調剤体制加算の文字。廃止を含めた見直しが必要というものでした。理由は、費用対効果が合っていないというもの。今回はこのことについて話題にしたいと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:後発品の供給に腐心する現場を無視しないで
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202107/571021.html

06:11 | Comment(0) | 日記

2021年06月29日

[日経DI]時には毅然とした態度を取れる関係でありたい

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 どのくらい前のことだったでしょうか……。当薬局を初めて利用する患者さんが来局しました。最初はスタッフが対応していたのですが、やり取りがぎくしゃくしていてちょっと様子を見た方がいいなと調剤室から注意を払います。初回の質問票こそなんとか書き始めましたが、「この薬局を使ってやっている」というような言葉が何度も聞こえ、やや高圧的な態度が散見されます。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:時には毅然とした態度を取れる関係でありたい
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202106/570934.html

2021年06月23日

[日経DI]なぜ「反復利用可能処方箋」が骨太方針に入ったか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 既にご存じの方も多いと思いますが、去る2021年6月18日、いわゆる「骨太の方針」と呼ばれる「経済財政運営と改革の基本方針2021」に、反復利用が可能な処方箋の検討について盛り込まれました。また、かかりつけ薬剤師・薬局の普及についても明記されています。
 今回はこの「反復利用可能処方箋」が骨太の方針に盛り込まれるに至った経緯について、色々と考えてみたいと思います。


続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:なぜ「反復利用可能処方箋」が骨太方針に入ったか
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202106/570872.html

2021年06月17日

[日経DI]後発品の供給不安でも使用促進はまだ続くのか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 コロナ禍だからか、世間的にはあまり注目されていませんが、後発医薬品と一部の先発医薬品の供給において非常に厳しい状況が続いています。製薬各社から供給に関してアナウンスがなされ、その内容は「新規の納品をお断り」「既存(得意)先にも影響」「十分にお応えできない」というものです。「出荷調整は3000品目超」、また「流通調査で6割が納品に滞り」といったことも報道等で目にします。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:後発品の供給不安でも使用促進はまだ続くのか
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202106/570801.html

2021年06月10日

[日経DI]今回のワクチン接種の目的はそこじゃない

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 薬剤師によるワクチン接種の話題ですが、既報の通り2021年5月31日の検討会では、薬剤師がワクチンの打ち手となることは見送られました。検討会を踏まえて6月4日に発出された厚生労働省の通知でも、薬剤師には予診のサポートやワクチンの希釈・充填、接種後の状態観察など打ち手以外の業務を求めています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:今回のワクチン接種の目的はそこじゃない
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202106/570692.html

2021年06月02日

[日経DI]集団接種会場で実感!他職種とのチームワーク

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 全国において急ピッチで進められている、新型コロナウイルスのワクチン接種。私の住む自治体でも、まずは高齢者から集団接種が始まっています。薬局の窓口でも話題になることが増えるなど、着実に接種が広がっていることを実感しています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:集団接種会場で実感!他職種とのチームワーク
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202106/570474.html

2021年05月27日

[日経DI]最近騒がしい「薬剤師によるワクチン接種」

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 ここ1〜2週間ほどの間に、薬剤師によるワクチン接種に関してにわかに騒がしくなっています。インターネットで行われた約2万4000筆の署名が提出されたこともあり、政府のワクチン担当である河野太郎規制改革相が「薬剤師による接種を検討する」と発言。また東京都の小池百合子知事も菅義偉首相に対して、薬剤師がワクチンの打ち手となるよう要望したと報道されています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:最近騒がしい「薬剤師によるワクチン接種」
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202105/570400.html

2021年05月20日

[日経DI]ワクチンを優先接種できたからには還元したい

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先週、スギホールディングス(愛知県大府市)の会長(当時)夫妻が、居住する愛知県西尾市にワクチンの優先接種を求めていたとする報道が大きな話題になりました。ただ、世間的に“薬局たたき”の様相はなく、純粋に当人の問題として捉えられているのは、同じ業界で働く者としてやや安堵したものの、どこかスッキリしない思いがあるのも事実です。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:ワクチンを優先接種できたからには還元したい
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202105/570306.html

2021年05月11日

[日経DI]ランドセルのCMと薬局のマーケティング戦略

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 今年は昨年に続いて我慢のゴールデンウイークでしたが、読者の皆さんはどのようにお過ごしだったでしょうか。私はこの連休中、自宅でテレビを見る機会があり、そこで時期外れ(?)のランドセルのCMを見たことがとても印象に残っています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:ランドセルのCMと薬局のマーケティング戦略
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202105/570205.html

2021年04月28日

[日経DI]製剤製造企業を開示するメーカーを評価したい

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2021年4月22日、「製品供給に関するお知らせ」と題した文書が日医工(富山市)のウェブサイトで公表されました。既に多くの読者がご存じと思いますが、164品目に上る製品が出荷調整および欠品見込みという内容です。昨年から続く日医工のこうした案内を見るにつけ、もはや“お家芸”の域にすら達したのではないかと思えてきます

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:製剤製造企業を開示するメーカーを評価したい
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202104/570073.html



2021年04月26日

[日経DI]薬剤師がワクチン接種できるのはいつの日か

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 新型コロナウイルスのワクチン接種が始まっていますね。私の周囲でも、医師や看護師で接種をしたという話を聞きます。報道などを見る限りでは、なかなか予定通りに進んでいないのではないか、という印象が強いです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬剤師がワクチン接種できるのはいつの日か
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202104/570032.html

2021年04月15日

[日経DI]大病院の敷地内薬局は「搾取」ではないのか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 このほど、信州大学医学部附属病院の敷地内薬局の公募が開始されました。私の地元長野県の話で、また母校でもありますのでとても気になっているのですが、敷地内薬局もここまできたか、という感じです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:大病院の敷地内薬局は「搾取」ではないのか
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202104/569933.html

2021年04月08日

[日経DI]注射薬の不具合、担当者の対応で感じたこと

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先日のこと、糖尿病治療で通院している50代の男性患者さんが来局しました。私のところは小さな薬局ですので、患者さんの情報は大体頭に入っているのですが、「この前来局したばかりなのにどうかしたのだろうか。何かトラブルかな」と思いながらすぐさま対応します。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:注射薬の不具合、担当者の対応で感じたこと
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202104/569810.html

2021年04月02日

[日経DI]初めてのツイキャス、時の流れの速さに驚き

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先週の土曜日の夜、「ツイキャス」なるものをやってみました。ご存じの方にとっては説明は不要ですが、ツイキャスとはスマホやパソコンからライブ配信ができるサービスです。実は私、今回が初ツイキャスでした!

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:初めてのツイキャス、時の流れの速さに驚き
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202104/569743.html

2021年03月24日

[日経DI]土曜日の医薬品手配で感じた24時間対応の限界

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 土曜日の午前中、地域の基幹病院は休診ですので、そこの処方箋が持ち込まれることはほとんどありません。とはいえ処方箋の有効期限は発行日を含めて4日間。60代の女性が前日にその病院を受診し、1日遅れで発行された処方箋を持参しました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:土曜日の医薬品手配で感じた24時間対応の限界
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202103/569627.html

2021年03月18日

[日経DI]急配の実態調査で垣間見えた薬局優位の感覚

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先週、日本保険薬局協会(NPhA)が急配の状況などに関する調査結果を公表しました。報道等で知る限りになってしまいますが、「急配が『1日1回未満』が84%」や「あっても1日1回程度」といった見出しが付けられているものが多かったように思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:急配の実態調査で垣間見えた薬局優位の感覚
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202103/569540.html

2021年03月12日

[日経DI]後発品が「安かろう悪かろう」時代に戻った感覚

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先週、3月4日のことです。以前から当薬局を利用している60代男性の患者さんが、処方箋を持って薬局に入ってくるなり、挨拶もそこそこに「ジェネリックはだめ、先発にして」と吐き捨てるように言います。勘のいい読者の方は既にお分かりだと思いますが、前日に日医工(富山市)の業務停止命令に関して報道されたことを受けてのものでした。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:後発品が「安かろう悪かろう」時代に戻った感覚
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202103/569457.html

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...