新着記事


2017年02月25日

[薬局新聞]ハーボニー偽薬問題への指摘と現状

薬局新聞連載の「かかりつけ薬剤師パーソナル」第31回です。

かかりつけ薬剤師PERSONAL31


 先月、ハーボニーの偽造医薬品が出回った事件がありました。非常に衝撃的であり、ネット上でもいろいろな声が聞かれましたので、ご紹介します。

 これまで偽造医薬品の心配がなかった日本で起こったことについては、「まさか日本で起こるとは思わなかった」「日本の医薬品業界にも偽薬が出回るようになってきたのか」と驚きの声があがっている一方、「ネット通販では割とあること」「食品に比べればまだまだ安全」という冷静な声も。

 当該薬局や卸に対しては、「箱と添付文書がなくて購入することがおかしい」との指摘があり、更に「患者さんが気づく前に何故薬局で気付けなかったのか」という厳しい声も。医薬品の流通ルートに対する疑問が指摘されています。

 その一方、「ハーボニー偽薬問題はあってはならないけど、現場の薬局は死活問題。キレイゴト言っても一円でも安く仕入れたいというのが本音」という現場の切実な声も。

「薬局の業務は対物業務があっての対人業務だということ」という全体を俯瞰する意見もありましたが、今回の事件については「トカゲのしっぽ切りで終わりそうだ」という懸念も指摘されています。

 今後の行政の対応や処分等が注目されます。


2017年02月22日

[日経DI]オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思いの正体

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先週のある日、卸MS氏に案内してもらったのをきっかけに知ったのですが、第一三共エスファがオーソライズド・ジェネリック(AG)の販売を強化するとのこと。同社のホームページにもその旨のアナウンスが掲載されています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:オーソライズド・ジェネリックへの釈然としない思いの正体
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201702/550257.html

2017年02月16日

[日経DI]ハーボニー偽造品問題、日薬の対応に疑問

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先月、C型肝炎治療薬のハーボニー(一般名レジパスビルアセトン付加物・ソホスブビル)の偽造物が出回り世間を騒がせました。事件の全容を知るにはまだ至りませんが、報道などから断片的にいろいろな情報が入ってきて、ぼんやりと全体像が見えてきた感じです。ただ、最近、厚生労働省や製薬企業などから追加の注意喚起やアナウンスはなく、現場としてははっきりしない状況で、このまま忘れ去られてしまうのではないかと少し心配です。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:ハーボニー偽造品問題、日薬の対応に疑問
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201702/550160.html

2017年02月09日

[薬局新聞]正確な情報発信と対面サポート

薬局新聞連載の「かかりつけ薬剤師パーソナル」第30回です。

かかりつけ薬剤師PERSONAL30


 引き続き、ファイン薬局住道店(大阪府)の田村かおり先生にお話をお伺いいたします。

 ネット上にある医療情報に対して、危惧していることがおありだと。

「昨年、医療情報のキュレーションサイト「WELQ問題」がありました。インターネット上の医療情報は玉石混交です。一般の人が検索しても正確な情報にたどり着くのは難しいです。薬剤師である私が検索しても最初に出てくるのは怪しげな情報サイトです。国民が情報を理解し自ら生活・体調管理ができるようになってもらうことが 国民と医療従事者共に健やかでいられると思います」

 どのような形がよいとお考えでしょうか。

「ネット記事と対面による患者応需は相互補完関係になるのが理想だと考えます。どうしても直接対面する患者さんの数が多すぎて、ひとりひとりに対応する時間が取れない。まっとうな情報を理解できる患者さんは医療従事者が責任を持って発信する情報を読み、それでも理解できない部分を対面で対応する。そのためには生活に即したまっとうな情報が広い範囲で数多く必要です。私もブログを書いていますが、薬剤師全体がもっと情報発信することが肝要です」

 田村先生、4回に渡ってありがとうございました。


「くすりや」の「現場」
http://miyaq.hatenablog.com/

2017年02月07日

[日経DI]薬剤師と警察官に共通する仕事の特徴とは

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 警察官が巡回で私の薬局を、だいたい2〜3カ月に1回のペースで訪れます。いえ、もちろん、私が決して悪いことをしたとか、人相が悪いのでマークされているだとかではありません(笑)。答えは、私の薬局では毒物劇物を扱っているため、その販売状況の確認に訪れる、というものです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬剤師と警察官に共通する仕事の特徴とは
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201702/550079.html

2017年02月03日

[薬局新聞]SNSや人の輪を活かして情報収集

薬局新聞連載の「かかりつけ薬剤師パーソナル」第29回です。

かかりつけ薬剤師PERSONAL29


 引き続き、ファイン薬局住道店(大阪府)の田村かおり先生にお話をお伺いいたします。

 田村先生は主にTwitterやFB(Facebook)で情報収集を行っているのですよね。

「SNS上には、医薬品の回収情報や副作用情報などを情報提供してくれる人がいます。メーカーのサイトやPMDAに掲載されるより前に情報を得ることもあります。Twitterならば複数のアカウントを持つことも可能なので、医療情報を集めるためのアカウントを作ることを提案します。SNSは業務が忙しく、なかなか時間が取れない場合にも有用なツールとなります」

 ネットでの情報収集はもはや薬剤師の必須スキルと言ってもいいかもしれません。

「薬剤師会は何もしてくれない、行政は周知してくれないというけれども、専門職なら自分で取りに行く姿勢が必要です。もちろん、情報を収集するだけでなく、厚生労働省やPMDA、各メーカーのサイトや出典を調べる等、裏取りは必要です。またネット上だけでなく、近隣の薬局の人と仲良くなったり、大学や元職場の人の関係で人の輪を作るのも十分価値があります。研修会で知り合った他の薬剤師や、講師の方と名刺交換をしてFBでつながるのもいい方法です。他の薬剤師のやり方を見る機会がぐんと増えます」

 次回は、情報発信についてもお伺いいたします。


2017年02月01日

[日経DI]調剤ポイント、結局は現状追認…ですか

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 調剤の一部負担金に関するポイント付与について、最近はすっかり話題にされることも少なくなりました。ところがこのたび、厚生労働省がその指導基準を明確にしたことがDI Onlineでニュースになっていました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:調剤ポイント、結局は現状追認…ですか
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201702/549968.html

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...