新着記事
11/15
11/10
11/08
11/01
10/26
10/26
10/24
10/18
10/16
10/12
10/09
10/03
09/27
09/20
09/17
09/14
09/12
09/06
09/02
08/28


2018年06月28日

[薬局新聞]薬剤師として培ったスキルをコラムで業界に還元

薬局新聞連載の「かかりつけ薬剤師パーソナル」第77回です。

かかりつけ薬剤師PERSONAL77


 引き続き、兵庫県神戸市の清水篤司先生にお話をお伺いいたします。

 清水先生は日経DIオンラインの「まいにち薬剤師」のコーナーで連載をしていらっしゃいますね。

「日経DIオンラインは、熊谷さんのコラムも含めて情報源の一つとして長らく利用していましたが、薬剤師としての経験が10年になる頃から、これまでお世話になったこの業界に何らかの形で少しでもお返しが出来たら良いなと考え、コラムニストに挑戦してみようと考えました。そこで、DIオンラインのページの「お問い合わせフォーム」から、コラムニストとして寄稿してみたい旨のメッセージを書いて送ってみました」

 清水さんが培ってきたスキルを業界に還元しようと行動なさったのですね。

「後で分かったことですが、当時のコラムニストの皆さんには自薦で入られた方はいませんでしたし、新たなコラムニストの募集もありませんでした。2週間ほどして当時の編集長からメールが届き、早速2本記事を書いてみて、そのうちの1本が採用となり、第1回目の記事として公開されました。「米国の薬局専門誌には“この(手書きの)処方が読めますか?”というユニークなコーナーがあります」という記事です」

 次回はコラム連載に関するお話をお伺いします。


2018年06月27日

[日経DI]パテルテープの名称変更で爆笑、でも……

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 モーラステープ(一般名ケプトロフェン)の後発医薬品であるパテルテープ。私の薬局でも採用品目として置いてありますが、その名称変更がアナウンスされています。ここ最近の後発医薬費の薬価収載の際には「成分名+剤形+規格+屋号」の表記が一般的になっているので、パテルテープのようにオリジナルの名称で残っている後発医薬品はかなりの長寿製品ということになりますね。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:パテルテープの名称変更で爆笑、でも……
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201806/556699.html

2018年06月21日

[薬局新聞]その後の人生について考え社会人から薬学部へ

薬局新聞連載の「かかりつけ薬剤師パーソナル」第76回です。

かかりつけ薬剤師PERSONAL76


 今回から、兵庫県神戸市の清水篤司先生にお話をお伺いいたします。

 清水先生は慶應義塾大学法学部をご卒業後、社会人を経て薬学部に入学するという経歴をお持ちだと伺いました。

「中学高校時代の先生の影響もあり、また漠然と司法試験を目指すという選択肢もあり、法学部へ進学しました。卒業後は国内の化学メーカーに就職し、人事、総務、広報等に関わる様々な業務を行いました。そんな中、命に関わるような非常にショッキングな出来事があり、それが一つのきっかけとなってその会社を退社。大げさでなく、その後の人生について考えました」

 おこがましさは承知の上ですが、私も社会人を経て薬学部に入学しましたので、境遇は違えど、一脈相通ずるものがあります。

「私も初めてお会いする前から親近感がありました。その出来事で間違いなく人生観が変わりましたし、言い方は変ですが、”残りの人生はいただいた時間”的な発想が生まれました。退職後、地元神戸に戻り宅建の資格を取得、更に友人の勧めもあり理系への転向を考えました。塾の講師とスポーツジムのトレーナーを掛け持ちしながら受験勉強をし、神戸学院大学薬学部に進学しました」

 次回以降、清水先生の取り組みについてご紹介いたします。


2018年06月19日

[日経DI]「なし崩しスタート」は避けたい遠隔服薬指導

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 しばらく前から、遠隔服薬指導についての話題をちらほら聞くようになりましたね。まだまだ断片的にしか理解できていませんが、私なりにイメージして、その可能性と限界について考えてみました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「なし崩しスタート」は避けたい遠隔服薬指導
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201806/556559.html

2018年06月14日

[日経DI]薬局にも来るか? QRコードでお支払い

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

QRコード決済


 以前、薬局でのクレジットカード決済の導入について、本コラムで話題にしました。最近はスマートフォン(スマホ)の普及に伴い、「おサイフケータイ」や「ApplePay」など、現金を持ち歩かなくても支払いができる環境が整ってきています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬局にも来るか? QRコードでお支払い
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201806/556448.html

2018年06月08日

[薬局新聞]影響力のある人物による発信

薬局新聞連載の「かかりつけ薬剤師パーソナル」第75回です。

かかりつけ薬剤師PERSONAL75


当該ツイートはこちら。




 若者からの支持が高い高須クリニック院長の高須克弥氏。Twitterを巧みに使いこなし、その発言は多くの賛同を集め、ときに批判を受けていますが、そんな中、今回ある一つのツイートが話題になっています。

「咳がとまらん。ブロン一気飲み。体によくないからよいこは真似してはいけません。なう」とブロンを片手にラッパ飲みのポーズを決める高須氏。これに対して、多くの反響が寄せられている。

 「影響力のある方なのでこういうツイートはやめていただきたい。「よいこはまねをしない」かもしれないけど、高須先生もやってるなら(中略)と真似をする恐れがあります」

 「日本が、市販薬のリスクを軽く見積もる国であることを残念に思います。実際に依存症に苦しむ方、副作用被害者もいる訳で」

 「信じられない!! 冗談でもやめて下さい!! 真似する人いたら高須先生の責任です よ。医師という立場を考えてアップして下さい」

 「医師免許をお持ちの方なので、本当に真似をしちゃだめだというなら何故わざわざツイートなさるのでしょうか。高須先生が良くて他の人は真似をしてはいけないのは何故ですか」

 こうした反響が寄せられることは、おそらく想定済みのことでしょう。今後は医薬品の適正使用に向けた発信をお願いしたいものです。


2018年06月07日

[日経DI]後発品の採用で感じた、製薬企業の「愛」

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 もう半年ほど前になるのですが、ルプラック(一般名トラセミド)の後発医薬品であるトラセミド錠「KO」が発売されました。この記事を書いている2018年6月上旬の時点では、寿製薬1社からのみの発売。私の薬局でも採用に向けて情報収集に当たりました。今回は、その際にあったちょっとユニークな出来事をご紹介します。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:後発品の採用で感じた、製薬企業の「愛」
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201806/556338.html

2018年06月02日

[薬局新聞]アルクマおくすり手帳

薬局新聞連載の「かかりつけ薬剤師パーソナル」第74回です。

かかりつけ薬剤師PERSONAL74


 今回は、手前味噌ではありますが、私の薬局で作成しました「アルクマおくすり手帳」について紹介させていただきます。

 “お薬手帳”と言えば、昨今、多くの電子お薬手帳が開発され、薬局でも導入するところが増えています。利用する患者さんもスマホにアプリを入れることで処方薬の管理・把握がしやすくなり、今後の主流となっていくことは間違いありません。

 そんな中、紙媒体のお薬手帳を、たとえオリジナルとは言え作ったところで、“今更感”をお持ちの方は少なくないでしょう。確かに、機能的な向上が見込めるものではありませんし、手間や費用をそこまでかけずに、市販のもので十分では?と私自身も感じていました。

 しかし実際にこの「アルクマおくすり手帳」をリリースしてみて感じたのは、キャラクター一つでお薬手帳はここまで変わるのか、ということです。もちろんすべての方ではありませんが、多くの利用者から、とても大きな反響が寄せられました。

 お薬手帳の利用促進については、もちろん正攻法で訴えることも必要ですが、「利用する人が持ちたくなる」という観点から、今一度考えてみる必要があるのかもしれません。各薬局において、地域や利用者の特性に応じたお薬手帳への工夫が大切ではないかと感じました。


アルクマおくすり手帳(表紙)
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...