新着記事


2020年01月29日

[日経DI]レジ袋の有料化、先行実施するか悩みます

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2020年7月からレジ袋の有料化が義務になりますね。薬局もその対象になっていますが、読者の皆様の薬局で準備は進んでいるでしょうか。義務化までまだ半年ほどありますが、そろそろ準備や対応を考えていかなければならない時期ですね。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:レジ袋の有料化、先行実施するか悩みます
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202001/564047.html

2020年01月24日

[日経DI]対人業務のように見えて実は対物業務か?

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 前回は、2020年度調剤報酬改定で話題になっている「吸入指導」「簡易懸濁法の支援」「糖尿病治療薬の適正使用」の3つの“対人業務”を取り上げました。といっても「医師の求めに応じて」という観点でやや横道の話題でしたが、今回もこの3つの業務について、やや斜めの視点から考えてみたいと思います。テーマはズバリ、「これってホントに対人業務??」です。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:対人業務のように見えて実は対物業務か?
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202001/563934.html

2020年01月18日

[日経DI]「医師の求めに応じて」に感じた憤り

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 薬局薬剤師業務に関する話題のトレンドといえば、「対物業務から対人業務へのシフト」であり、2020年度調剤報酬改定においても内服薬の調剤料を引き下げて、対人業務の点数を引き挙げる方向性が示されています。2019年末から、中央社会保険医療協議会(中医協)で議論され、2020年1月15日に「これまでの整理」として決定した中には以下のような文言があります。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「医師の求めに応じて」に感じた憤り
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202001/563895.html

2020年01月09日

[日経DI]調剤基本料が下がり続ける弊害

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 年が明け、気がつけばもう1週間が過ぎました。私にとっては例年になく穏やかな年末年始でしたが、読者の皆さまはどのようにお過ごしだったでしょうか。本年も「薬剤師的にどうでしょう」をよろしくお願いいたします。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:調剤基本料が下がり続ける弊害
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202001/563793.html

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...