新着記事


2020年10月19日

[日経DI]薬局での「スピード勝負」はもはや過去のもの

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」



 以前、私の薬局で「トリダスPRO」を購入したことを話題にしましたが、覚えている方はいらっしゃるでしょうか。プラスチック製でやや頼りない上、錠剤の形状やPTPシートによっては苦手とするものもありますが、分包の際はなかなか有用なツールとして活躍しています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬局での「スピード勝負」はもはや過去のもの
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202010/567604.html

2020年10月07日

[日経DI]フォローアップの原点は患者を心配する気持ち

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 以前に、私の薬局で服薬期間中のフォローアップツールを導入したことを話題にしました。患者さんに対してお勧めしてはいるもののまだまだという状況でして、これまでの業務に与えるインパクトは、これから少しずつ大きくなっていくのではないかという印象です。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:フォローアップの原点は患者を心配する気持ち
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202010/567446.html

2020年10月06日

日本薬剤師会雑誌巻頭に日医会長中川俊男氏が寄稿

2010日本薬剤師会雑誌


日本薬剤師会の会員に毎月配布される日本薬剤師会雑誌。普段は見向きもしないという方が多いかもしれませんが、今月(2020年10月)は、厚生労働9月号が一緒に入っていまして、ちょっと話題になっていますね。



その理由はなんと言っても、アンサングシンデレラに出演していた西野七瀬さんが表紙だからでしょう!配布されているものは「別冊」となっていて、ボリューム的にも絞ってあるようです。右下に「日本薬剤師会」の印刷が入っています。

厚生労働

この「厚生労働」、実は5月号の表紙が石原さとみさんだったのですが、そちらはあまり話題になりませんでしたね。この違いは一体どこから来るのか…。



そして本体の日本薬剤師会雑誌、巻頭に“視点”という欄があるのですが、今月はなんと、日本医師会会長の中川俊男氏が寄稿しています。日薬からオファーを出したということでしょうが、よく切り込んでいきましたね。山本会長の仲の良さが奏功したのでしょうか。

2010日本薬剤師会雑誌

中川氏といえば、薬剤師バッシングの急先鋒というイメージがあります。恐る恐る読んでみましたが、内容的には特別に驚くようなものではありませんでした。

2020年10月02日

[日経DI]「脱ハンコ」の波は、医療の現場にも来る?

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

印鑑


 河野太郎行政改革・規制改革相が2020年9月25日の記者会見で、全府省に行政手続きでハンコを使用しないよう求めたことが話題になっています。あくまで「行政上の手続き」における無駄をなくそうというものですが、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、世間的にも「脱ハンコ」の動きは進んでいくものと思われます。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「脱ハンコ」の波は、医療の現場にも来る?
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202010/567393.html

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...