新着記事


2021年10月15日

[日経DI]「薬剤師なので薬歴管理料を外して」の真意

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 読者の皆様は、ご自身あるいはご家族が受診し、処方箋が発行された場合はどうしているでしょうか。自分の勤務する薬局で調剤するケースが多いのでしょうが、他の薬局を利用するケースもあると思います。今回は、その際の「薬剤服用歴管理指導料」について考えてみたいと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「薬剤師なので薬歴管理料を外して」の真意
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202110/572353.html

2021年10月08日

[日経DI]医薬品供給不安に対する医師の意識は

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2021年9月21日、「後発医薬品の出荷停止等を踏まえた診療報酬上の臨時的な取扱いについて」という事務連絡が発出されました。後発医薬品の供給が不安定な状況は大きな問題になっていますが、調剤報酬における後発医薬品調剤体制加算への影響も無視できるレベルではなくなってきているのでしょう。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:医薬品供給不安に対する医師の意識は
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202110/572277.html

2021年10月01日

[日経DI]改めて実感した褒める言葉の効用

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 以前、私の薬局にデジタルサイネージを導入したことをこのコラムでも話題にしました。そのデジタルサイネージで「ららくま個展」なるものを行っています。薬局を利用してくださる患者さんで、ご自分で絵を描いたり写真を撮ったりして持ってきてくださるのですが、全部を飾りきれないため、デジタルデータにしてSDカードに取り込み、それをスライドショーのように表示して“個展”を開催しているというわけです。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:改めて実感した褒める言葉の効用
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202110/572177.html

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...