新着記事


2021年12月29日

[日経DI]「供給量5%以上増」だけ注目することのリスク

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 前回、医薬品の供給不安に対する厚生労働省の通知について話題にしました。あまり深く触れませんでしたが、この通知、“机上の空論”とは言わないまでも、考えようによってはかなりリスクをはらんでいると考えることができます。今回はその辺りについて、もう少しツッコんでみようと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「供給量5%以上増」だけ注目することのリスク
https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/di/column/kumagai/202112/573376.html

2021年12月28日

[日経DI]医薬品供給不安を巡る通知に感じたこと

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 これまで何度も話題にしてきた医薬品の供給不安の問題ですが、ここへ来て業界内だけでなく、一般紙やテレビでも報じられるようになりました。だからといって問題が直ちに解決に向かうというわけではないのですが、多くの人に広く知られることで理解が深まります。先日も薬局の窓口で「ジェネリックがないんだって?」と言われ、報道の影響を実感しています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:医薬品供給不安を巡る通知に感じたこと
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202112/573348.html

2021年12月17日

[日経DI]薬局を安さで選ぶことを批判する心理

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 一時期ほどは見なくなりましたが、それでも「薬局をオトクに利用するには」「こんな方法で(一部負担金の)支払いが安くなる!」みたいな内容のものが、雑誌やテレビなどで報じられることがあります。ちょっと前にもそんなことがあり、話題になりました。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬局を安さで選ぶことを批判する心理
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202112/573241.html

2021年12月09日

[日経DI]敷地内薬局を巡る中医協の議論に思うこと

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 来春の調剤報酬に向けての論点の1つに敷地内薬局があり、議論が進められています。敷地内薬局については、調剤報酬上でも定義されているのですが、特別調剤基本料に該当しない事例が出てきていることが話題になっていますね。また業務効率を考えて、調剤基本料をさらに適正化しようという話も出ています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:敷地内薬局を巡る中医協の議論に思うこと
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202112/573057.html

2021年12月03日

[日経DI]今こそ「一包化判断料」と「一包化鑑査料」を

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 中央社会保険医療協議会(中医協)では現在、来春の2022年度調剤報酬改定に向けた議論が進んでいます。薬剤師業務の「対物→対人」への移行が言われて久しいですが、その様相はより色濃くなってきていて、調剤料、さらには一包化加算がそのやり玉に上がっています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:今こそ「一包化判断料」と「一包化鑑査料」を
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202112/572923.html

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...