新着記事


2023年12月28日

[日経DI]年末に考える「幸せとは何か」

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 地域ケア会議やサービス担当者会議に出席すると、「本人の幸せ」というワードがよく出てきます。私たち薬剤師はもちろん、訪問看護師やヘルパーなど、支援をする人が最も尊重しなければならない、そして根源的な問題ですよね。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:年末に考える「幸せとは何か」
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202312/582645.html

2023年12月21日

[日経DI]プラス改定といえども中身はシビア

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 もちろんこれまでの改定を見ても、ただし書きがありましたが、改定を重ねるごとにその記載がより詳細かつ具体的になってきている印象です。言ってみれば、予算(お金)に“名札”が付けられていて、プラス改定といえどもシビアになっているのを感じます。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:プラス改定といえども中身はシビア
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202312/582573.html

[日経DI]看護師の気持ちがちょっとだけ分かった体験

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 施設入居者の処方箋を応需した際、処方箋発行後にその施設の看護師から薬局に連絡が来て、処方内容が変更・追加されることがそれなりの頻度であります。文字のクセなどから、明らかに処方医でない人の文字で手書きされていたり、看護師から電話で直接「この薬を追加してください」と言われたりなど、伝えられる方法はその時々によって色々です。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:看護師の気持ちがちょっとだけ分かった体験
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202312/582556.html

2023年12月05日

[日経DI]2024年度改定で気になるリフィル処方箋の行方

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 2023年11月1日に開催された財政制度等審議会財政制度分科会を皮切りに、財務省が診療報酬に対して厳しい目を向けています。全体的な引き下げ論調はもちろん、特にリフィル処方箋に対しては、財政削減効果470億円を見込んでいたところ、現状70億円に留まっていて、処方箋料の時限的引き下げまで言及しています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:2024年度改定で気になるリフィル処方箋の行方
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202312/582234.html

12:27 | Comment(0) | 日記
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...