新着記事

2014年06月26日

[薬局新聞]薬剤師の早期離職に危機感 目標見つけて働く工夫を

薬局新聞連載の「ソーシャルPメンター&ニュース」第87回です。

ソーシャルPメンター&ニュース87


 引き続き、株式会社メディエールの井上義之先生にお話をお伺いします。

 井上先生は一つの危機感をお持ちだと伺いました。

 「多くの薬学生、薬剤師の方と実際にお会いし、またメールなどでお問い合わせをいただく中で、「何をしたいのか分からない?」という方が非常に多いように思います。働き始めたものの、何となくやりたいことと違うから、思っていたより辛いので、他にやりたいことがある(ような気がする)…といって、1年経たずに辞めていく薬剤師が多いことに、とても危機感を感じます。」

 さらに何も疑問に思わず、日々ただ働いている…という薬剤師も多いのかもしれませんね。

 「どんな場所でも目標を見つけて、楽しく働く工夫をもっとしてほしいのです。出来ないと決めつけてしまうのではなく、やるためにはどうするか?という思考を身につけてほしいと切実に願います。ですので、せめて何か動きたい、変わりたいという気持ちを持った方だけでも応援して、実現の手助けができたらと思うのです。繰り返しになってしまいますが、それらを見つける、身につけるきっかけをつくっていけたらと思うのです。」

 次回は今後の展望などについてお伺いします。


▽ ▽ 消える大学 生き残る大学 (朝日新書)

 402273390X

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100537275


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...