新着記事
11/15
11/10
11/08
11/01
10/26
10/26
10/24
10/18
10/16
10/12
10/09
10/03
09/27
09/20
09/17
09/14
09/12
09/06
09/02
08/28

2014年10月30日

ふぁるまねVol.15に薬局薬学のエディタ 山本雄一郎氏が登場

ご存知の方も多いかもしれませんが、帝人ファーマが発行する「ふぁるまね」という出版物があります。1枚読み切りの薬剤師向け情報紙です。

そのVol.15に、9月に熊本で行われた服薬ケア研究会の様子がレポートされていました!先日、MR氏にお願いしていただいたので、ご紹介いたします。

ふぁるまねVol.15

「薬局薬学のエディタ」といえば、もうこの人しかいません。「薬局にソクラテスがやってきた」でもおなじみ、山本雄一郎さんです。服薬ケア研究会では、大会長も務められました。
9月の大会での講演の際もお話があったのですが、ニトログリセリンの事例が、このふぁるまねにも紹介されています。この例がまた秀逸ですので、ぜひお読みになってみてください。

薬局で働いているほとんどの薬剤師が、薬歴を書いていると思います。その形式はいろいろかもしれませんが、山本さんの話を一度聞くと、普段、いかに「浅い薬歴」を書いているかということを思い知らされます(私がそうでした)。

山本さんのすごいところは、薬歴というものを単に学問的に整理、まとめているだけではなく、それが現場の理にかなっていることですね。薬歴が生きるというのは、こういうことを言うのでしょうね。

今後、まだまだ多くの気づきをいただけそうです。

(関連記事)

ふぁるまね No.15 に取り上げていただきました!: 薬歴公開 byひのくにノ薬局薬剤師。

薬剤師のための地域医療連携スタートBOOK 絶対使える! 臨床検査値

 4525782617

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105070864


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...