新着記事
12/15
12/13
12/09
12/05
11/28
11/24
11/24
11/21
11/15
11/10
11/08
11/01
10/26
10/26
10/24
10/18
10/16
10/12
10/09
10/03

2015年03月02日

プラセボ製薬の「プラセプラス」をAmazonで注文してみた

プラセプラス


なかなか面白いことを考えたものですね。プラセボ製薬の「プラセプラス」というものが話題になっています。公式ホームページはこちら。

プラセボ製薬株式会社
プラセボ製薬

「プラセボ」というのは有名な言葉ですので、医療関係者でなくても知っている人はいるでしょう。しかし「これはプラセボです」と販売するとはユニークですね。この発想はなかった!

amazonからも購入できるようになっています。早速購入してみました。

プラセボ製薬 プラセプラス 200粒
B00LKUD03I

手元に届いたものがこちら。

プラセプラス

箱の周囲は全面にフィルムがされています。意外にしっかりしている印象。

プラセプラス

名称は「澱粉加工食品」です。200rが200粒入り。お客様相談室もフリーダイヤルで設置されている当たり、本格的ですね。

プラセプラス

栄養成分表示があります。食品ですので、「お召し上がり方」という表記になっています。

プラセプラス

箱から取り出してみました。ビンの周囲の帯もしっかりしています。

プラセプラス

食品ですので「使用期限」ではなく「賞味期限」との表示。

プラセプラス
プラセプラス

ふたを開けてみました。輸送中に中身が動かないよう、中にもフィルムが詰められています。

プラセプラス

粒に関しては、ちょっと粗めの成型でしょうか。エッジや表面が多少凸凹しています。多くの人は普段、医薬品をそこまで観察しないでしょうから、気にはならないレベルでしょう。

プラセプラス

「ほのかな甘み」と書かれているように、口に含むと甘みを感じました。

しかし錠剤はもちろん、パッケージまでこれだけしっかり作るとなると、どのくらいの設備投資が必要なのか、気になるところですね。

プラセボ製薬 プラセプラス 200粒

 B00LKUD03I

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114511874


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...