新着記事

2015年03月26日

[薬局新聞]ライターとしても活動する薬剤師

薬局新聞連載の「ソーシャルPメンター&ニュース」第113回です。

ソーシャルPメンター&ニュース113


 今回からは病院薬剤師の富野浩充先生にお話をお伺いします。

 初っ端から失礼なことをお伺いしますが、富野先生と言えば、薬剤師よりも「ライター(物書き)」のイメージが先行します。

「文章を書く仕事をしたい、と思ったのは高校在学中です。中学で新聞委員長をやった、というのもありますが、色々な文章を読むのが好きだったんです。では、なぜ薬学部?と聞かれるのですけど、単純に文系科目が苦手だったという理由と、理系出身の小説家もたくさんいますので、理系でも大丈夫かな、と。実験も大好きでしたし(笑)」

 その後、文章系の専門学校もご卒業されたとか。

「働き始めてからも、書きたい気持ちはずっとありました。専門学校に行って、自分の文章が読みやすくなったと思いたいです(笑)。あと、理系のライターは貴重だ、と知人編集者に言われたことがあります。なるほど、理系・医療系、しかも現場目線でいられることは強みだな、と。これも結果的に良かったのかな、と最近は考えています」

 次回以降、先生の活動についてお伺いしたいと思います。


実践処方例とその解説―処方の読み方と考え方

 4840745846

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115711026


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...