新着記事

2008年05月06日

薬剤師は患者に認知されていない

財団法人日本薬剤師研修センター、今月の巻頭言は「薬剤師研修への期待」と題して、NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長 辻本好子氏が執筆されています。

薬剤師研修への期待

読んでみますと「(薬剤師は)まだまだ期待する存在として、患者に認知されていない」等、非常に厳しい内容ですね。耳の痛くなる部分も決して少なくありません。

薬学部が6年制になったことで「薬剤師の将来は安泰」とする見方をする人もいます。確かに教育の現場が変わることは大きなことでしょう。しかしそれだけで現状が変わるとは到底考えられません。

「知識」と「情報」に裏づけされた上で、患者とのコミュニケーションをする。ともするとどちらかに偏りがちですが、よく言われる「車の両輪」のようにどちらも欠かすことはできません。

患者さんに認知されていないのが事実かどうかは別として、「認知されること」が我々の業務の最終目標ではないでしょう。患者自立のための支援者として「いい仕事」をしていくことが必要ではないでしょうか。
21:32 | Comment(3) | ウラ

この記事へのコメント
みなさんの批判が出そうですが、知人Drに薬剤師はアカデミックにあがいているだけって言われたことがあり、考えさせられました。

医者が診察室で薬の説明するには、個々の患者のことをどれだけ身長に考えて説明してるか・・・それを単に紙に書いた名前で日頃の知識を捲くし立てるのが服薬指導なのか?って。

勉強は必要ですが、まだしみこんで身についていないのではないでしょうか・・・・
縁の下の力持ちも必要です。
でも友人は病院に勤務していて、Drに薬剤師って存在感がないって。
Drは自分で勉強すれば十分事足りるって。

私は「認知されていない」と言う言葉の中に、必死に前だけ向きすぎて、空回りして、世間と何か距離があるような気がします。
それは薬剤師会と厚労省の引っ張る方向に問題があるからですけど。
Posted by ぽんた at 2008年05月07日 07:43
世の中にはいろいろなお仕事があって、「そんなことで利益を上げているのか〜、考えたな〜」って思うようなこと度々です。

要するに、各仕事の存在価値って@「存在することによって、とても利益を感じる人がいる」かA「なくなれば誰かが困る」かってとこでしょうか?

薬剤師の仕事に当てはめると、前者が患者さんの(いろんな意味での)満足度。
後者は「薬全てが薬局でしか手に入れることが出来ない」というような状況でしょうか?

前者については日々の業務での細かいことや、皆さんが悩んでいらっしゃることを、地道に改善するしかないでしょうね。

後者についてはこれはもう政治力ですよ!薬剤師の集団が政治的な力をもって、薬局でしか手に入らない状況を作る。
これは身内の「院内調剤」「ドラッグストア」「薬を扱っていくであろうスーパー」「コンビニ」等を全て排除していく。

そうすれば前者の満足度に係わらず、強制的に存在価値って出るのではないかと思います。

ただし、現状を見るとそうするどころかまったく逆の方向へと進んでしまっていますよね、この状況下で、「存在価値を出すためには前者の部分で・・・・・」って個々でやってもおそらく疲弊している日本国民は「No」としか言わないですよね。

後者の部分がうまくいかなければ、「存在価値」なんて無理じゃないですかね?前者をがんばって!なんていうのは、あまりにも理想主義的で・・・・

中途半端に分業が進んで、後者の部分も中途半端に進んで後戻りも出来ないなかで、薬剤師は今後も自身の存在価値と理想と現実と、様々な苦悩の狭間でこれからも進んでいくのだと思います(政治力が伴わない限り、延々と)。
Posted by まじゃ at 2008年05月07日 11:39
薬剤師もまたカネの亡者。
処方箋薬局が増え、街の薬局が消えました。健康保険からこぼれた人達は薬すら手に入らず、江戸時代並の状況の陥っています。
処方箋やってればバカらしくて普通の薬局なんかやっていられないのでしょう。
ドラッグストアはすっかい萎縮してしまっていて、テレビでCM流しているような大衆薬しか扱っていません。
Posted by ヤマザキワタル at 2008年05月23日 15:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14691955

この記事へのトラックバック:

薬剤師は患者に認知されていない
Excerpt: いつもお世話になっている薬局のオモテとウラの「薬剤師は患者に認知されていない」を読みました。 日本薬剤師研修センターの巻頭言でNPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長の辻本好子さんのお言葉..
Weblog: another side of ”d-inf”
Tracked: 2008-05-07 22:08


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...