新着記事

2015年10月29日

[薬局新聞]“知れば変わる”で理解促す

薬局新聞連載の「ソーシャルPメンター&ニュース」第135回です。

ソーシャルPメンター&ニュース135


 引き続き、あおば調剤薬局の高橋秀和先生にお話をお伺いいたします。

 情報発信を続ける中での気づきは何かおありでしょうか。

「『話せば分かる人は意外と多い』と実感しています。皆さんも同意されると思うのですが、メディアによる言説、政府系会議の発言には、理解不足や思い込みによるものが少なくありません。そうした発言をする方がツイッターを使っていたら、反論と共に自分の記事を送っています。無視されることも多いですが、記事を読んで下さる方もいますし、意見をやり取りすることもあります」

 何か手ごたえのようなものはありましたか。

「テレビで薬局否定の発言を繰り返していたある方からは「医師を牽制する薬剤師の役割が重視されてきたことを理解した」との返事がありました。やり取りの後、主張が変化する方も少なくありません。自ら勉強されたり、会議で知るというケースもあるでしょうが、知れば変わることは確かです。「立場に関わらず正論は届く」という点で、ネット社会、SNSは有力なツールです。皆さんに読んで頂くことで、ツイッターでやり取りする方が増えたのも、仕事仲間が増えたようで嬉しいです」

 次回は今後の展望等についてお伺いいたします。


世界史を変えた薬 (講談社現代新書)

 4062883384

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166708369


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...