新着記事
12/15
12/13
12/09
12/05
11/28
11/24
11/24
11/21
11/15
11/10
11/08
11/01
10/26
10/26
10/24
10/18
10/16
10/12
10/09
10/03

2015年11月19日

[薬局新聞]三者視点の“情報”に関する講演

薬局新聞連載の「ソーシャルPメンター&ニュース」第138回です。

ソーシャルPメンター&ニュース138


 引き続き、第48回日本薬剤師会学術大会の分科会「ICTによる情報の共有と活用」のご案内です。

 エビデンスの伝道師こと青島周一先生は、「薬剤師のための情報リテラシー〜ICTを活用した医薬品情報業務と臨床教育への可能性〜」と題してお話しいただきます。重厚なタイトルですが、一言で言うなら「知識」についてお話だということ。青島先生は「知識とは情報によって生み出された信念」であると考え、知識の素は情報だと定義します。「どんな情報に依拠して日々の業務を行っているのか、そんなことをあらためて考えると、何かすごいことが見えてくる気がする」とのことで、非常に楽しみです。

 私熊谷は、「情報発信とその心構え― 炎上なんか怖くない―」と題してお話させていただきます。情報発信を続ける中で得た、多くの気づきについてお伝え、共有したいと思います。サブタイトルにもありますように、炎上についても考察いたします。

 三者の視点からの情報の収集・編集・共有どのような思考でおこなわれているのか、ぜひ確かめに来てください。ディスカッションもありますので、お楽しみに。


分科会12「ICT による情報の共有と活用」
11月23日(月・祝) 10:10〜12:10 第2会場(鹿児島市民文化ホール 第2ホール)

痛みの考えかた しくみ・何を・どう効かす

 4524263977

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168151413


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...