新着記事
07/17
07/16
07/09
07/02
06/25
06/18
06/07
05/30
05/28
05/20
05/09
05/02
04/27
04/19
04/15
04/08
04/01
03/22
03/15
03/08

2006年11月10日

医師も助かるGoogle検索

Googleは医師をも助ける?(ITmedia News)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0611/10/news056.html

診断の難しい病気ではGoogle検索が医師の助けになることも多いという調査結果が、医療雑誌で報告された。(ロイター)


診察室にネット環境があるというのは当たり前になってきているのでしょうか。当薬局に限って言えば、ネット環境無しの日常は考えられません。

専門の書籍ならいざ知らず、検索エンジンで症状や症例を検索し診断に結びつけることは医療従事者の中にも、また患者の中にも、抵抗を覚える人はいるのかもしれません。

しかしこれだけネットが発達してきた現状、有効なツールはどんどん活用していくべきでしょう。

既に言い古された感もありますが「ネットは玉石混交」であり、正しい情報もあれば、(意図されたものでなくても)誤った情報もあります。また、時間の経過によって真偽が変わることもあります。

だからネットは使えないかと言うとそんなことはありません。複数の情報を比較検討し、また必要に応じ書籍に照らし合わせるなどしてその情報の精度を上げていけばいいからです。

普段あまり意識することはありませんが検索をしたその情報が有効かどうか、頭の中で常に取捨選択が行われています。それはその人が持っている知識や経験によって行われています。

多くの情報がある中から有効なものを選別することは、情報を見極める「力」や「腕」が必要です。情報を取捨選択することは、実はその道に精通しているからこそできることなのです。


(関連記事)

グーグル村上社長「2009年には“人類の知”がすべて検索可能に」(Impress Watch)

大丈夫? 医者がグーグルで病気を診断!(健康トレンディ)
16:58 | Comment(2) | ウラ

この記事へのコメント
メルクマニュアルとか薬の情報とかしっかりしたものもソースとして手にはいるし、医師会からの情報とかも色々でてますもんねぇ。
うちもインターネット用のPC一台いれるかなぁ〜
(端末はきてるんで・・・ ただ自分が遊びそうでそれが心配・・・^^;;)
Posted by Miya at 2006年11月13日 00:50
>Miya様
確かに近くにネットに繋がったPCがあると「ちょっと」と思っていじってしまうことはありますね(笑
Posted by くま☆ at 2006年11月13日 15:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1692269

この記事へのトラックバック:

英語のホーム頁を日本語で読む方法
Excerpt: <google 翻訳機能の使用法:英語から日本語に翻訳> 例えば、私はアメリカで「How to Good-bye Depression(さようなら!憂うつよ)」(西垣 廣幸著)という英文本を..
Weblog: おしえて!Google@使用法
Tracked: 2006-11-12 13:03

この記事へのトラックバック:

お医者さんについて
Excerpt: TB失礼します。  とにかく自分が感じたことを書いてしまうので、お叱りをいただくこともしばしばですが、性懲りもなく今回は医師について、介護と医療というのは切っても切り離せないものであって、その医療の中..
Weblog: 介護 予防の教室
Tracked: 2006-11-19 20:48


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...