新着記事

2006年11月20日

「プレミネント」名前の由来

年内発売?を予定しているARB/利尿剤の合剤「プレミネント錠」ですが、その名前の由来です。インタビューフォーム(IF)より抜粋しました。

「PREMIER」(最初の、主役の)と「EMINENT」(傑出した)を合わせて『PREMINENT』と命名された。


とのことです。

0611202.JPG
「プレミネント錠」インタビューフォーム

こういった医薬品の名称ってのは誰が考えるのでしょうかね。開発途中はコードネームで呼ばれているでしょうから、ある程度発売が決まってきた段階で名前がつくとは思うのですが。

プレミネント錠、諸外国では既に発売されていますが、フランスやアメリカでは「HYZAAR」、スウェーデンやイギリスでは「COZAAR Comp」の名前がつけられているようです。

また日本では「ロサルタンカリウム-ヒドロクロロチアジド 50mg-12.5mg」の1規格のみですが、アメリカでは「100mg-12.5mg」「100mg-25mg」もあわせた合計3規格となっているようですね。

日本でのニューロタン錠は50mgと25mgの2規格で、単剤での100mgも発売されていませんので、今後他の規格が発売される可能性は低いと予測されます。

(関連サイト)
閲覧に当たっては無料の会員登録が必要なサイトがありますのでご了解ください。

プレミネント錠:日本初の配合降圧薬(日経メディカル)

プレミネント錠:日本初の配合降圧薬(神経内科医の徒然診療日記)
http://plaza.rakuten.co.jp/hirokohjiclinic/diary/200611090000/

日本初 ARBと少量利尿薬の合剤/高血圧症治療薬「プレミネントTM錠」が承認(お薬ブログ!気になる最新トピック)

(関連記事)

11月2日「[虎に翼]プレミネント錠

10月23日「[近日発売]プレミネント錠

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1757802


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...