新着記事

2008年08月04日

認定実務実習指導薬剤師の認定申請方法

昨日の記事認定実務実習指導薬剤師の認定には申請が必要ということを書きました。半分は自分のためなのですが、その申請方法について調べてみました。

<認定申請の要件>

平成22年4月1日まで、継続して3年以上実務に従事する見込みであること

○ ワークショップ形式の研修を修了している

○ 以下の講習会形式の研修を修了している

 講座ア 学生の指導について
 講座イ 薬剤師に必要な理念について
 講座ウ 実務実習モデル・コアカリキュラムについて
 講座エ 最新の業務について
 講座オ 参加型実務実習の実施方法について


<認定申請手続き>

○ 申請時期

平成20年1月21日より平成21年5月31日まで

○ 提出書類

・申請書(別紙様式1)

・ワークショップの修了証(原本)

・講習会ア〜オの受講証(原本)

・履歴書(市販のもの)
  要写真貼付
  実務経験が確認できるように記載
  講座アまたはオが免除要件となる場合、確認できるように記載

・返信用葉書
  認定通知書となる。官製はがき以外は不可

・認定申請料
  1500円の振込みの写し(認定証発行手数料は別途)

○ 認定証

認定通知書のほかに「認定証」を希望する場合は別途発行手数料が必要(申請と同時:1500円、認定証単独発行:1700円)

○ 申請方法

(書類送付先)
財団法人日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師認定係
〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル6階

(認定申請料振込先)
銀行名:ゆうちょ銀行
口座番号:00130-5-119292
名義:(財)日本薬剤師研修センター
 通信欄に「指導薬剤師申請」と記載


<Q&Aより>

・E-mailで認定通知を受け取ることは不可。

・返信用はがきが同封されていない場合、官製はがき以外の私製はがきが同封されていた場合は認定を行わない。

・履歴書の「志望の動機、特技、好きな学科」欄は記載しなくてもよい。

・認定が認められなかった場合でも申請料は返却されない(認定証発行手数料は振り込み手数料を引いて返金)。

・認定の公表を拒否することはできず、拒否する場合は認定がなされない。


<紛失時の取扱い>

万が一、ワークショップ修了証講習会受講証紛失した場合についても対応方法が示されていました。大まかな流れとしては以下のようになっています。

(1)修了証(または受講証)を紛失した者が、そのWS(または講習会)主催者から「参加証明書」を取寄せる。

(2)修了証(または受講証)を紛失した本人による紛失理由書(署名は自署)の作成。


尚、認定実務実習指導薬剤師の申請をされる方は日本薬剤師研修センターの当該ページにて詳細をご確認いただきますよう、お願いいたします。

日本薬剤師研修センター:認定申請について
http://www.jpec.or.jp/contents/c23/ninteishinsei.html
22:25 | Comment(0) | ウラ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17620033


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...