新着記事

2008年08月06日

ファミリーマートもOTC医薬品販売に参入

昨日の記事にぽんた様からコメントいただいておりますが、ファミリーマートがOTC医薬品販売に参入するというニュース。

今日は関連するニュースのリンクをご紹介する形にしたいと思います。


フジサンケイビジネスアイ:大衆薬販売の規制緩和 ファミリーマート 300店規模で展開
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200808060027a.nwc

FNNのサイトではニュースの動画が見られます。

FNN:ファミリーマート、コンビニ業界初の処方せんがいらない「大衆薬」の24時間販売開始へ
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00138162.html

MONEYzine:[ドラッグストア関連]ファミリーマートが続伸 「今秋から大衆薬を販売」報道で
http://moneyzine.jp/article/detail/81998/

ロイター:ファミリーマートが大衆薬販売を開始へ、3年間で300店舗目指す
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-33078520080805

朝日新聞:ファミマ、大衆薬販売へ 業界初、3年で300店目標
http://www.asahi.com/business/update/0804/TKY200808040380.html

日刊スポーツ:ファミマ、コンビニ初の大衆薬販売に参入
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp2-20080805-392029.html


「3年間で300店舗」というのは結構な勢いだとは思いますが、ファミリーマートの店舗数を見てみますと7180店舗(2008年6月30日現在)もあるのですね。


改正薬事法が施行されることになるとはいえ、これまでコンビニ業界においてOTC医薬品販売に対して目立った動きはなく、むしろ静観するような状況と言われていました。

しかしここに来て、セブンイレブンがアインファーマシーズと提携という話が出ました。ファミリーマートも動きました。他の大手、ローソンサークルKサンクスなどはどういった動きを見せるのか、注目したいところです。


(関連ニュース)

セブン&アイHDとアインファーマシーズが業務・資本提携−調剤薬局、コンビニを共同出店(薬事日報)
http://www.yakuji.co.jp/entry7627.html

GIGAZINE:ファミリーマート、秋から他社に先駆けて風邪薬など最大300種類を販売開始
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080805_famima_drug/
22:06 | Comment(0) | ウラ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17691157


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...