新着記事

2006年11月22日

薬局実務実習受入準備

今年2006年4月より薬学教育6年制がスタートしました。6年制薬学生の薬局実務実習受入も平成22年度より始められることになっています。

薬学生は実習を受けるに当たって全国統一の「共用試験」というものをパスしなければなりません。実務実習に必要な知識や技能を習得していることを証明するための試験となります。

最初の実施は実習が行われる前年の平成21年度ということになりますね。医学部や歯学部では既に実施されていますので、薬学部もそれに準じた形になるのでしょうか。

共用試験は大きく2つに分けられます。知識面での評価と態度や技能面での評価です。前者にはCBT (Computer Based Test)を、後者にはOSCE(Objective Structured Clinical Examination)を用いるようですね。


一方実習を受け入れる側も、学生が質の高い実習を受けられるよう準備する必要があります。具体的には実務実習指導薬剤師を養成することとなります。

6年制薬学生に対する実務実習指導薬剤師の認定要件としては、

 @ワークショップを修了していること

 A座学研修会のカリキュラム全てを修了していること

があげられています。

現行の4年制薬学生に対する指導薬剤師とは関連性がありませんので注意が必要です。
17:38 | Comment(0) | ウラ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1789552


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...