新着記事
12/15
12/13
12/09
12/05
11/28
11/24
11/24
11/21
11/15
11/10
11/08
11/01
10/26
10/26
10/24
10/18
10/16
10/12
10/09
10/03

2017年03月04日

[review]薬局で使える実践薬学



3月2日に発売になりました「薬局で使える実践薬学」。SNSなどでは既に多くの方が入手している報告があるようですが、当ブログでもご紹介いたしましょう。何と言っても、山本雄一郎氏の著書ですからスルーする訳にはいきません(笑)

ご存知のように、山本氏は日経DIで「薬局にソクラテスがやってきた」というコラムを連載しています。今回の書籍はその連載の内容をベースに、大幅加筆、そして書き下ろしをした内容となっています。

ですので、内容的にはものすごく充実しています。ネットで予約をすると気が付きませんが、書籍の厚さはかなりのもの。3cmに迫ろうというその厚さは、その重さとも相まって「鈍器」と呼ぶ人も出ているほどです。ご参考までに厚さはこんな感じです。

薬局で使える実践薬学

コラムに登場するケンシロウやあゆみさんはもちろん、Qちゃん先生やJunJun先生といったお馴染みのメンバーによるやり取りを中心に1つのテーマについて2〜5ページ程度でまとめられていますので、厚いからと言って読み難いという感じは受けません。少しずつ読み進めていくことができそうです。

コラム同様、山本氏お得意の構造式や薬物動態を多彩に活用し、図表も豊富に用いられています。章立てが「4月、5月……12月、1月、2月、3月」という調子に月ごとになっていて、それもユニークですね。

以前に山本氏から、「薬局薬学のエディターでありたい」という言葉を聞いたことがあります。これだけの書籍をまとめられるのであれば、十分にその肩書を名乗っても恥ずかしいものではありません。引き続き、ブログとコラムを楽しみにしたいと思います。

薬局で使える実践薬学

 
16:01 | Comment(1) |

この記事へのコメント
熊谷さん、レビューありがとうございました!
鈍器がお役に立てれば幸いです。

“薬局薬学のエディター”堂々と名乗ることにします。引き続きブログとコラムもがんばっていきます。よろしくお願いします('◇')ゞ
Posted by 山本雄一郎 at 2017年03月06日 12:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178985295


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...