新着記事

2017年07月21日

[薬局新聞]副作用・相互作用の早期発見

薬局新聞連載の「かかりつけ薬剤師パーソナル」第45回です。

かかりつけ薬剤師PERSONAL45


 引き続き、はらだ薬局(鹿児島県)の笹川大介先生にお話をお伺いいたします。

 ケアネットが運営するプロファーマCHで「描いてつかむ!副作用の薬理学」という番組を配信していらっしゃいますね。

「副作用のメカニズムについて、6回に渡って映像授業を作製しました。めまい・浮腫・下痢に関して副作用が起こるしくみを解説しています。一貫して伝えたいことは、“薬剤師は薬の専門家。薬理作用の延長が副作用”だということ。それを理解することで、副作用の早期発見が可能になります。実はこの考えは、どんぐり工房の菅野彊先生の考えです。話は余談ですが、私自身、菅野先生のことを尊敬の念をこめて仙人と呼んでいます」

 私も番組を拝見しましたが、ホワイトボードを用いての解説はとても分かりやすいですね。

「よく見る症状が薬の副作用で起こっていることを薬剤師が発見できたら、患者さんだけでなく、医師をはじめとした他の医療職にも薬剤師とタッグを組むことの有用性を示すことができるのではないでしょうか。ポリファーマシーに関しても、エビデンスも重要ですが、実際に患者さんが副作用・相互作用で困っているということを発見できれば、減薬・中止の提案もスムーズにいくはずです」

 次回は今後の展望をお伺いいたします。


プロファーマCH:描いてつかむ!副作用の薬理学


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180406696


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...