新着記事
11/15
11/10
11/08
11/01
10/26
10/26
10/24
10/18
10/16
10/12
10/09
10/03
09/27
09/20
09/17
09/14
09/12
09/06
09/02
08/28

2017年08月24日

[薬局新聞]医薬品使用期限の妥当性

薬局新聞連載の「かかりつけ薬剤師パーソナル」第47回です。

かかりつけ薬剤師PERSONAL47


 抗癌剤など、高額な注射剤に関する保険請求の方法が話題、問題になっています。例えば、複数の患者に1バイアルを使用した場合、その請求をバイアル単位にするのか、使用量にするのかについて、取り扱いが明確にされていないと言います。

 医療費の高騰が言われて久しいですが、そうした中、意図するか否かは別にしても、過剰請求には厳しい目が向けられ是正されるでしょうし、廃棄の問題についても、極力無駄のない方法が求められているのでしょう。

 関連して、薬の使用期限についても注目されつつあります。ほとんどの医薬品には使用期限が定められていて、1日でもそれを過ぎたものは廃棄されています。そのような現状に対して、そもそも使用期限の設定が妥当なのかという議論は、これまであまりなされて来なかったのかもしれません。

 過去には、パンデミックの際の備蓄用医薬品である抗インフルエンザ薬の使用期限が、幾つかの試験を経て延長されたという経緯があります。医薬品の有効性と安全性はもちろん担保されなければなりませんが、限りある医療資源の有効活用という観点からも、医薬品の使用期限の妥当性について、再考の必要がありそうです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180755537


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...