新着記事

2018年04月12日

[薬局新聞]現場の薬剤師が思い描く"みらい"への課題と可能性

薬局新聞連載の「かかりつけ薬剤師パーソナル」第69回です。今回は新年度スペシャル企画として、「薬剤師みらい会議」に参加した方々にお話をお伺いしました。

かかりつけ薬剤師PERSONAL69


 鹿児島県で開催された薬剤師みらい会議について、中心となって会議を企画した原崎大作先生に、これまで3回に渡ってご紹介いただきました。今回はその会議に参加した方々にご登場いただき、実際の会議の様子や、参加してみての感想などをお話しいただきます。

濱田知津子さん

 私は学校薬剤師とスポーツファーマシストについて話しました。中でも力を入れたのはアンチドーピング活動についてです。例えば国体選手を対象に講習会をしていること、病院からの処方薬、市販薬、健康食品にもドーピング検査に引っかかる成分が入っているものもあり「うっかりドーピング」に繋がるということを伝えました。ドーピングに関する知識はアスリートだけの問題では無く、応援するサポーターも知っておいた方が良いことです。またその話の延長で、鹿児島マラソンのランナーを対象に健康チェックを行うことも紹介しました。薬剤師って色んな事をするんだということを知ってもらえたと思います。

・みらい会議に参加してみて

 私の場合、薬剤師みらい会議ってなに?というところからでしたので、「とりあえず行ってみよう!」という軽い気持ちでの参加でした。色々な職種の方と話す中で、薬剤師の仕事が多岐にわたることはあまり知られていないなと感じました。参加者からの「薬剤師はこんな事が出来ますよ!という話だけでは患者さんとの距離は近づかないのでは?」という厳しい意見には考えさせられました。私達を使ってもらうには、もっともっと歩み寄る必要があると感じました。


丸田沙生さん

 私は学校薬剤師活動に力をいれていまして、その紹介をしました。私は薬剤師歴14年、学校薬剤師歴6年、2校を担当しています。
 子供達にはまずは心身健康でいるために何をすれば良いのか?を考えてもらい、それでも病気になった時は、薬を正しく使って力を借りることが大切だと伝えています。環境面では、プール学習の際、ブヨが出て困ると相談があり、殺虫剤が効かないブヨ対策としてハッカ油スプレーを作ったりもしています。
特に力を入れているのが保護者にむけての健康教室の実施です。本来の学校薬剤師の活動項目にはありませんが、地域貢献を含め保護者が元気で幸せじゃないと、子供も健康にはならないから、と思うからです。
控えめな活動ではありますが私はとても楽しくやりがいを感じています。

・みらい会議に参加してみて

今後の薬剤師像や薬局の在り方を他職種と描いていく、とても貴重な時間でした。参加して本当によかったと思います。ただ、あまり変化を好まない方には耳の痛い場所だったろうな、とも思います。
 参加後は、学校薬剤師活動をSNSにこまめにアップするようになりました。また、薬剤師会で行う市民公開講座を積極的に宣伝したり、地域の町内会やPTAでも周知するような活動を始めました。


鎌田貴志さん

 みらい会議では、「私にできること(薬剤師にできること)」というテーマで話をしました。 聴講者は非薬剤師が多かったので、「薬剤師とは」から入り、薬剤師・薬局バッシングや薬剤師無能論が独り歩きしてるが、そうではなく、社会的に評価されにくい立ち位置だけれども、できること・やっていることは非常に幅広いということを伝えました。
 また薬物動態学・製剤学・有機化学・薬理学などを駆使して、例えば「飲み忘れたときの対応」「効果が出始める時間推測・効果が続く時間推測」「食事と服薬のタイミング」など、生活背景を考慮した薬の使い方を提案することができるから、何でも相談してほしい! と薬剤師の「活用」を訴えました。

・参加してみて

薬剤師の「利便性」はやはりまだまだ国民には浸透してないと感じました。「薬局は病院を受診した後でないと入れない」と本気で思っている人も少なくありませんでした。他職種連携も大事ですが、それ以上に市民・患者さんへのアピールが必要なのではないかと痛感した時間でした。色んな患者会やイベントに顔を出したり、様々な媒体を通して薬剤師の必要性をアピールするなど、自ら動いて薬剤師の職能をアピールしていくことの重要性を感じました。


吉脇茜さん

 薬剤師みらい会議は今回が第1回でしたが、実は昨年、それに先立って“第0回”のみらい会議が開催され、私はそこにも参加しました。これまで「薬を提供する側」の目線で、「患者さんはきっと〜思っているだろう」と勝手に薬剤師・薬局のイメージを作り上げ、「こうしたらきっと身近に感じてもらえるだろう」「現状で私は患者さんにとって身近な存在だ」と考えていたのですが、第0回みらい会議で覆されました。一言で表すと「薬剤師が思っている距離と、患者側が思っている距離に差がありすぎる!」ということです。
そこで、第1回みらい会議では、薬局薬剤師の仕事内容や、貢献していることの一部(疑義照会での医療費削減に貢献)、それぞれの薬局でいろいろな強みを持っていること、周知されるために始めたことなどを紹介しました。

・みらい会議に参加してみて

 薬剤師と地域の方々との距離を縮めることが、これからの一番の課題だと感じました。そのために、薬剤師が身近な存在であることを周知し、情報を発信しながら本来あるべき業務に対し真摯に取り組むことが重要です。身近に薬局を感じてもらい、気軽に立ち寄り、相談でき、そのことで薬局薬剤師が薬物治療の適正化や医療安全に貢献し、地域で信頼できる存在になりたいと思っています。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182962887


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...