新着記事
10/18
10/16
10/12
10/09
10/03
09/27
09/20
09/17
09/14
09/12
09/06
09/02
08/28
08/23
08/11
08/04
07/31
07/26
07/24
07/20

2018年09月27日

[日経DI]卸の“調剤提案”に感じた、いら立ちと気付き

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 先週、当コラムで話題にした、使用期限の短いナウゼリン細粒1%。実は気になってメーカーにも確認したのですが、「使用期限が半年を切るものは市場に流通しないようにしている」という返答をもらいました。なるほど、メーカー側も(各社基準はあるにせよ)そういった部分に配慮しているのですね。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:卸の“調剤提案”に感じた、いら立ちと気付き
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201809/557934.html


この記事へのコメント
このところの薬のネタは、薬に固執した典型的な対物業務のような気がします。

ニッチなナウゼリン細粒がその患者に適切だったのか、もしくは別の処方薬に変更する選択がなかったのか・・・、

患者をみた医師への処方提案の検証を期待しておりました。とても残念です。
Posted by ベアー at 2018年09月27日 11:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184523334


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...