新着記事

2019年08月08日

[日経DI]ヒヤリ・ハット、積極的に報告することの重要性

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 登録薬局数は約3万3000軒、年間報告件数は約8万。この数字は、2018年の「薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業」の薬局数と報告件数です。
 2018年度の調剤報酬改定で、この事業への登録が地域支援体制加算の算定要件として定められました。そうしたことにより、報告数が以前よりも増えている一方、その報告の「質」が下がっているのではないかと指摘する声も、一部から聞かれるようになりました。


続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:ヒヤリ・ハット、積極的に報告することの重要性
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201908/561867.html


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186386222


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...