新着記事
10/18
10/16
10/12
10/09
10/03
09/27
09/20
09/17
09/14
09/12
09/06
09/02
08/28
08/23
08/11
08/04
07/31
07/26
07/24
07/20

2008年09月04日

[下痢型過敏性腸症候群治療剤]イリボー錠

イリボー


久々のDIですが、アステラス製薬より下痢型過敏性腸症候群治療剤イリボー錠2.5μg/5μg(ラモセトロン塩酸塩錠)が10月7日に発売予定ということです。

イリボーパンフ1 イリボーパンフ2
イリボー錠パンフレットには「発売準備中」の文字

特徴としては、

・国内初、セロトニン5-HT3受容体拮抗作用に基づく下痢型過敏性腸症候群(下痢型IBS)治療薬

・下痢、腹痛・腹部不快感など、男性の下痢型IBSに伴う諸症状に1日1回投与で優れた改善効果を示す

・ストレスによる脳腸相関の異常を改善

・長期にわたる男性の下痢型IBS治療が可能


などが挙げられています。ちなみにIBS(過敏性腸症候群)とはIrritable Bowel Syndromeの略で、イリボーの名前もここに由来するものと思われます。

イリボー添付文書1 イリボー添付文書2
イリボー錠添付文書

【効能・効果】欄には「男性における下痢型過敏性腸症候群」の記載があり、更に「女性における本剤の有効性は認められず副作用発現率が高いことから、本剤を女性に対して投与しないこと」と書かれています。

薬価は9月12日に収載予定ということで、2.5μg1錠86.3円5μg1錠141.10円。コロネル錠500mg、ポリフル錠500mgを比較薬とした類似薬効比較方式(I)により、更に有用性加算(II)が付いています。

イリボー製剤見本1 イリボー製剤見本2
イリボー錠5μg製剤見本(表裏)

表示を見れば分かりますが「劇薬」です。

イリボー製剤見本3
開封後は湿気を避けて保存

イリボー製剤見本4 イリボー製剤見本5
14錠ヒート、錠剤に「イリボー」の印字

イリボー製剤見本6
イリボー錠ヒート裏面

5-HT3受容体拮抗作用としてはナゼアOD錠0.1mgナゼア注射液0.3mgがありますが、それらと同成分になります。


(関連リンク)

【厚労省】新薬11成分を12日付で薬価収載−3成分で原価計算方式(薬事日報)
http://www.yakuji.co.jp/entry7836.html

内科開業医のお勉強日記:下痢型過敏性腸症候群治療薬:イリボー
http://intmed.exblog.jp/7313303/

この記事へのコメント
先日、薬剤部内でイリボーの説明会がありました。

抗がん剤の制吐剤として使われる量より少量で過敏性腸症候群に効果があるのは興味深いところです。

女性に投与できないのは、ただ単にnの数が少なくてプラセボとの有意差がでなかったようです。

海外では別の5-HT3拮抗剤で女性のみの適応しかないものがあるそうです。
Posted by saty at 2008年09月05日 22:19
>saty様
情報ありがとうございます。
機序的な問題で女性に効果がないということではないようですね。

ボナロン錠やベネット錠などの骨粗鬆症治療剤は「男性患者での安全性及び有効性は確立していない」という注意書きがあるものでも、男性に投与されるケースもあります。

イリボー錠も医師の判断で用いられることになるのでしょうか(保険的にはNGということになりますが…)。
Posted by くま☆ at 2008年09月07日 23:30
この目的でこの薬が使えるとは面白いですね。もっと調べてみなくては。
Posted by dionysus at 2010年06月01日 07:24
>dionysus様
コメントありがとうございます。
用法や用量を変更することで、他の疾患に使用できる可能性もあるのでしょうかね。
奥が深いですね。
Posted by くま☆ at 2010年06月01日 21:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18844586


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...