新着記事

2021年10月15日

[日経DI]「薬剤師なので薬歴管理料を外して」の真意

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 読者の皆様は、ご自身あるいはご家族が受診し、処方箋が発行された場合はどうしているでしょうか。自分の勤務する薬局で調剤するケースが多いのでしょうが、他の薬局を利用するケースもあると思います。今回は、その際の「薬剤服用歴管理指導料」について考えてみたいと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「薬剤師なので薬歴管理料を外して」の真意
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202110/572353.html


この記事へのコメント
いつも楽しく拝見しています♪

わたしはコレを某国内トップ製薬メーカー(保険証より)の社員の患者から言われたことがあります。
本当に目が点でしたし、すごく腹が立ちました。
熊谷さんと同じように、製薬メーカーの社員なのは保険証で確認はできますが厚労省の名簿確認だけでは本当に薬剤師であるかは確認できませんし、そもそも臨床に携わっていない上にそんなことを言う人にハイそーですかとは渡せないのできちんと管理料をいただきました。

本当にびっくりしました。
Posted by わんこ at 2021年10月17日 21:07
>わんこ様
実際に遭遇すると、戸惑いますよね。
同じ薬剤師同士であれば、敬意を払ってくれとは言わなくとも、理解はしてほしいと感じますよね。
Posted by くま☆ at 2021年10月18日 23:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189066686


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...