新着記事

2021年12月03日

[日経DI]今こそ「一包化判断料」と「一包化鑑査料」を

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 中央社会保険医療協議会(中医協)では現在、来春の2022年度調剤報酬改定に向けた議論が進んでいます。薬剤師業務の「対物→対人」への移行が言われて久しいですが、その様相はより色濃くなってきていて、調剤料、さらには一包化加算がそのやり玉に上がっています。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:今こそ「一包化判断料」と「一包化鑑査料」を
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202112/572923.html


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189176580


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...