新着記事

2023年09月26日

[日経DI]2024年度改定を前に考えたい、薬歴という虚像

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」

 薬歴の業務負担の大きさは、薬局で働いている薬剤師であれば身をもって感じていることでしょう。薬歴の記載だけのために約3割弱の薬剤師が残業していると言われていて、「薬剤服用歴等の記録やかかりつけ薬剤師の在り方について合理的な業務が行えるよう、薬剤師の働き方を意識した整理も必要」と、中医協(中央社会保険医療協議会)でも意見が出されています。2024年度調剤報酬改定に向けて議論されることを期待したいと思います。

続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:2024年度改定を前に考えたい、薬歴という虚像
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/202309/581324.html

2024年度調剤報酬改定は「薬局経営者的にどうでしょう」
10:10 | Comment(0) | 日経DI

この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190577459


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...