新着記事

2008年10月26日

ワーファリン錠のサイズが変わっていた

つい先日、調剤中に気がついたのですが、ワーファリン錠のサイズが変わっていました。メーカー発表は9月にあったようです。ということで、ちょっと古いですが発表はこちら。

エーザイ:【錠剤サイズ・包装変更】ワーファリン錠0.5mg・ワーファリン錠1mgの錠剤サイズおよび包装を変更いたします。(pdfファイル)
http://www2.eisai.co.jp/product/pdf/KK0789.pdf

主な変更内容としては以下の5点が挙げられています。

1.錠剤のサイズを変更いたします。PTPシートサイズは変更ありません。

2.アルミの内袋を削除しました。

3.内袋削除により個装箱サイズが少し小さくなります。

4.バラ包装の容器が小さくなります。

5.ワーファリン錠1r品質保証期間が3.5年から3.0年になりました。


1mg錠のサイズはパッと見ると変更に気がつくのですが、それより先に、箱を開けてアルミの内袋がないことに気がつくケースのほうが多いかもしれません。

ワーファリンサイズ変更
ワーファリンサイズ変更

ワーファリン1mg錠は、

直径:9.1mm→8.1mm

厚さ:3.2mm→3.1mm

重さ:250mg→190mg


と全体的に小さく、軽くなっていますがワーファリン0.5mg錠については、

直径:7.5mm→7.6mm

厚さ:2.4mm→2.8mm

重さ:125mg→144mg


と若干のサイズアップがなされています。

錠剤のサイズ変更をアナウンスするためのお知らせカードも封入されています。

ワーファリンお知らせカード
「患者さまお知らせカード」

この記事へのコメント
バラで見るとあまり違和感ないんですが、ヒートで見ると1mg錠は明らかに小さく見えますね。ヒートサイズは変更ないのに、個装箱のサイズが変わってるのがちょっと不思議。
最近よく、保証期間が短縮される薬がありますが、5年から3年とかの大幅な短縮でもあまりアナウンスされてないですよね。
回転が悪い在庫の場合、廃棄分が増えるだろうから薬局の不利益になるのに、どうして理由も言わずに短縮するのかわかりません…
Posted by 遮 at 2008年10月27日 10:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21852913


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...