新着記事
07/17
07/16
07/09
07/02
06/25
06/18
06/07
05/30
05/28
05/20
05/09
05/02
04/27
04/19
04/15
04/08
04/01
03/22
03/15
03/08

2009年04月16日

[薬局新聞]週刊トラックバックNEWS87

薬局新聞連載の「週刊トラックバックNEWS」第87回です。

薬局新聞TBN87


 改正薬事法公布の経緯や今後の見通しについて、厚生労働省にインタビューした記事がINTERNET Watchに掲載されている。以前当欄でパブコメからの抜粋をご紹介したが、厚労省の考え方を更に立体的に理解するため、いくつかご紹介する。

 「(検討会について)ネット業界関係者が少ないという話もあるが、多数決で決めるわけではない。多数決で決めるだけなら、検討会を開く意味がない」

 「ネットが悪いと言っているわけではなくて、あくまでネットは扱いが難しいということ。玉石混交の状態であり、その結果、死に至ったり犯罪の温床になっている一面は否定できない」

 「ネット業界の人たちの反発は、心情的にはわかるのだが、ネットに偏見があるからとか既存団体の利益を優先しているというようなことはない」

 「あくまで制度なので、今後みんなの希望を実現するためにどうするかを考えていく。ただ、正しく安全に使うことが一番優先されるので、利便性と安全性のどちらを取るかという選択になったら、まず安全性をとる」

 ネット販売について様々な観点から述べられているが、「もっと改正薬事法本体を取り上げてほしい」と本音も漏れる。全文については当ブログからリンクを貼っておくので、そちらからご覧いただきたい。


ということで、全文は以下のリンクよりご覧ください。当該記事に関する薬局新聞編集部のコメントも掲載いたいます。

 本記事は非常に読み応えのあるボリュームで、またネットに軸足を置いたメディアながらも冷静に改正薬事法そのものと、医薬品ネット販売問題の背景を解説しようと試みていると感じました。

加えて記事終盤で指摘されているとおり、法の成り立ちにおける社会への周知不足も問題の要因にあげられ、それはまた現在も喫緊の重要課題になっていることを痛感する次第です。


INTERET Watch:「ネットで薬が買えなくなる?」〜厚労省に聞く改正薬事法問題
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/special/2009/04/07/23049.html


薬局新聞社ONLINE
http://www.yakkyoku-shimbun.co.jp/

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28515294


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...