新着記事

2009年06月13日

写真で見るクラビット錠100mg/250mg/500mgの比較

クラビット錠パンフレット


クラビット錠250mg/500mgクラビット細粒10%が発売されるということで、話題を集めています。メーカー発表は4月にありました。

第一三共:広範囲経口抗菌製剤「クラビット錠250mg・錠500mg・細粒10%」製造販売承認取得のお知らせ

ポイントとしましては、これまで「100mg 3T/3×」または「100mg 2T/2×」だったのがPK-PD理論に基づいた「500mg 1T/1×」という用法の変更が一番大きいでしょうか。

製剤見本をいただきましたのでご覧ください(クリックで拡大します)。

こちらがクラビット錠500mg。「大きい!」というのが第一印象です。

クラビット錠1

こちらはクラビット錠250mg。500mg錠よりは一回り小さいですね。

クラビット錠2

こちらはこれまでのクラビット錠100mg。一番見慣れているでしょうか。

クラビット錠3

パッケージから取り出したヒートです。クラビット錠500mg、250mgの順です。

クラビット錠4

クラビット錠5

100mg、250mg、500mgを三つ並べてみました。大きさの違いがよく分かります。

クラビット錠6

拡大したところ。100mgの錠剤が小さくてかわいく見えますね(苦笑

クラビット錠7

裏面はこんな感じ。

クラビット錠8


ちなみに薬価ですが、

クラビット錠250mg 304.50円

クラビット錠500mg 547.20円

クラビット細粒10% 138.20円


となるようですね。こちらのニュースにありました(閲覧にはログインが必要です)。

CB News:19品目の薬価収載を了承―中医協総会
https://www.cabrain.net/news/article/newsId/22484.html

ちなみに現行の薬価を見てみますと、

クラビット錠100mg 173.7円

クラビット細粒100mg 219.4円


ということで、細粒に関しては「??」という感じです。

今回承認されたクラビット錠250mg/錠500mg/細粒10%はこれまでの100mg錠や細粒100mgと用法/用量やレボフロキサシンの含有量(無水物、水和物)が違っているということで、何かとややこしいですね。

特にクラビット細粒10%は、これまでの「クラビット細粒100mg」と名称や薬価も含めて非常に紛らわしいので、メーカーには迅速な対応をお願いしたいものです。


(関連リンク)

日経DI:「クラビット」の500mg1日1回投与用製剤が6月発売
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/trend/200905/510490.html

【厚労省】新薬9成分を薬価収載‐経口分子標的抗癌剤「タイケルブ」が登場(薬事日報)
http://www.yakuji.co.jp/entry13015.html

旭川の薬剤師道場(ブログ):クラビット錠の製剤見本がキター!!!
http://chuopharm.dtiblog.com/blog-entry-301.html


類似薬の使い分け―症状に合った薬の選び方とその根拠がわかる
類似薬の使い分け―症状に合った薬の選び方とその根拠がわかる

この記事へのコメント
ぬわんなんですか!?細粒100mgと10%って(驚)
くま様 有難うございます。
こんなもん、ぼーっとしてたら間違うとこです。
今までのを止めたって、在庫は当分あるし、こんなややこしいの作るな!顆粒にするとか%変えるとか、何とかできんかったんかい!!!!!
当然のことながら、薬価安い方にシフトしろって言われるでしょう。
Posted by ぽんた at 2009年06月14日 07:44
100mg錠を年末で販売中止にして、年度末には経過措置になるって話ですが、本当なんですかね?
第一三共としては、250mgか500mgに移行させるつもりなんでしょうが、そんなにスムースにいくのか疑問です。
Posted by 遮 at 2009年06月15日 09:45
細粒については、私も疑問に思い、MRさんに質問しましたが、MRさんも理解してなくて・・・
また添付文書に書かれている内容が違うので、100mgは1日2〜3回ですが、10%は1日1回ですので、名称によって、疑義照会が発生したりします。紛らわしい。
特に100mgの包装には大きく細粒10%と書いてあることもあり、メーカー側が何も考えていないということに対して腹立たしく思っています。
Posted by めぐ at 2009年06月15日 14:57
 関連リンクで紹介して頂き、ありがとうございます<(_ _)>
 
 pk/pd理論による用法用量変更で、臨床効果や耐性菌の点で現行の用法用量とどれだけの違いがあるのかが気になりますね。実際耐性菌がどの程度問題になっているのかなど…

 割安になったのは良い点かなーと思いました。
Posted by 旭川の薬剤師道場 at 2009年06月15日 16:19
嚥下の人に1回5g飲ませようとする感覚が理解出来ません。
細粒100mgは経管投与不可だったので10%もおそらく不可でしょう
粉砕になりそうでこれだったら細粒無し
の方がマシですよね

第一三共は製剤技術が無いんでしょうか?口腔内崩壊錠もありませんし
Posted by kense at 2009年06月15日 16:24
確かに、この大きさこそ崩壊錠であれば良いのにと思います。
250mg2錠1回が飲みやすいのでは?というドクターの声がありましたが、この薬価がついて、残念です。
100mg5錠を「じー」っと見てから、500mg1錠を見ると確かに小さく感じます。コーティングしてあり「つるっと」飲みやすい加工であるとMRさんに聞きました。
400mg錠でも日本人には良かった気が・・・
Posted by けんちゃん at 2009年06月15日 21:39
>kense様

経管は今回も不可ですよね。
ドライシロップとかにできなかったのか?と思いましたが、メーカー的には売りの少ない細粒は特になにも考えずに出したのでしょうね。



>遮さま

今年度内は多分厳しいみたいで、来年度末の薬価収載削除の方向で話が進んでるみたいですよ。



そもそも、日本の抗生剤神話を崩さないといけない気がしますが・・・
Posted by simo at 2009年06月15日 22:01
>皆様
コメントありがとうございます。やはり、といいますか、総じて不評ですね(苦笑
せめて細粒はこれまでのものに用法を追加するといったことができなかったのでしょうか。
1回5g服用というのもかなり厳しいですよね。
Posted by くま☆ at 2009年06月15日 22:13
やはり、500はでかいですねぇ。
そして総じて不評・・・。
でも、500で世界標準だと思うのですが。
MRさんも大変ですね。
Posted by やま at 2009年06月15日 23:38
第一三共の規格や包装に関する考え方には常々納得がいきません。

今回の細粒の件はもちろん製品紹介された時に
「え?50%細粒作んないの?」と聞いてみたんですが、
「上にあげてみます」と言って終わっただけでしたね。いつも通り(苦笑)

それよりもずーっと前から、
「どうしてアーチスト錠1.25mgはPTP100錠のみなんです?PTP500錠包装や、バラ包装が無いと大概不便なわけですが」
と言い続けてるんですが、一体どれだけの時間が…

どう考えても、自社の利益しか考えてないわけで。
第一三共が選ばれてる?笑えないなー
CMに金掛ける前にもっと金掛けるとこあるんじゃないですか?(# ̄ー ̄)
Posted by さつき at 2009年06月16日 00:56
>お二方
コメントありがとうございます。
不評なのは500mgという規格に対してではなく、メーカーの手法や現場に対する配慮といった面に対してでしょうね。

さつき様も指摘しておられますが、現場の声をもう少し反映してくれたらな、というのは少なからずあります。
Posted by くま☆ at 2009年06月16日 22:55
製品見本の錠剤は本物なんですか?
Posted by 菴占陸 at 2009年08月16日 18:10
>菴占陸様
製剤見本とは全て本物と思っておりましたが、違うケースもあるのでしょうか。
Posted by くま☆ at 2009年08月16日 23:24
本物なら内服してもいいんですかね?
Posted by 佐藤 at 2009年08月16日 23:58
謹啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は弊社製品につきまして、格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、このたび、永年にわたりご愛顧を賜りました「クラビット錠・細粒」につきまして、2010年3月末日をもちま
して販売を中止させていただきますのでご案内申し上げます。
「クラビット錠・細粒」は、その有効性と安全性を高くご評価いただき、1993年の発売以来、永きにわたり日常
診療にお役立ていただいてまいりました。しかし近年、一部起炎菌の耐性化が懸念されていたことから、
PK-PD理論※に基づき「治療効果の向上」と「耐性菌の出現抑制」を目指した500mg1日1回投与の「クラビット
錠500mg・錠250mg・細粒10%」を発売させていただき、従来の「クラビット錠・細粒」については販売を中止させ
ていただくこととなりました。
今後の長期にわたる感染症治療において、「クラビット錠500mg・錠250mg・細粒10%」は末永く先生方の臨床の
一助としてお役立ていただけるものと確信しております。
「クラビット錠・細粒」に賜った永年のご愛顧に厚く御礼申し上げますとともに、何卒この趣旨をご理解いただ
き、「クラビット錠500mg・錠250mg・細粒10%」につきまして引き続きご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
なお、「クラビット錠・細粒」は2010年3月の官報告示により経過措置品目に移行し、2011年3月末日をもちまし
て経過措置期間満了の予定です。
※PK-PD理論
抗菌薬の最適な投与方法を設計するための、科学的根拠となる考え方。PK(Pharmacokinetics)「薬物動態(生体内での抗菌薬の濃度の推移)」とPD
(Pharmacodynamics)「薬力学(生体内での抗菌薬の作用)」を組み合わせて、抗菌薬の有効性や安全性を評価する考え方。なお、500r1日1回投与は「クラビット錠
500r・錠250r・細粒10%」のみの用法・用量であり、「クラビット錠・細粒」ではご使用できません。
謹白
2009年10月
販売中止のご案内
以上
■販売中止時期
  2010年3月末日
■経過措置期間満了日(予定)
  2011年3月末日

広範囲経口抗菌製剤
■販売中止品目
品 名包 装統一商品コード
クラビット錠(PTP)100錠081-349609
(PTP)420錠081-349777
(PTP)500錠081-349845
(バラ)500錠081-349913
クラビット細粒(バラ)100g081-007431
(H.S.)1g×120081-350049
薬価基準収載医薬品コード
6241013F1024
6241013C1028
Posted by 販売中止のご案内 at 2009年11月01日 22:40
クラビット500飲みましたmデカすぎて半分に割って飲みましたわm
Posted by ひ〜 at 2010年04月01日 22:41
突然コメント質問すみません
製剤見本って飲めるんですか?
Posted by ひが at 2010年07月14日 21:18
製剤見本は服用しないことが前提ですが、ほとんどの場合は本物と同じです。
口腔内崩壊錠みたいに実際の服用感を試して欲しい場合などは成分が入っていない場合があります。
飲めるか?の問いですが、
薬剤師の方でしたら本人のご判断ですし、一般の方でしたらお勧め出来ません。
Posted by kense at 2010年07月15日 09:46
>お二方
コメントありがとうございます。
私は後日飲んでみましたが、特に問題はありませんでした。自己判断での服用になるので、お勧めは確かにできませんね。
Posted by くま☆ at 2010年07月18日 12:41
副作用のことを調べていたら、このページに辿り着きました。

100mgは飲んだことがあったのですが、初めて500mgを飲んだら、激しい頭痛とむくみ、そして吐きました。

これほどの副作用は初めてで、救急車を呼ぶべきか?と一瞬頭を過りましたが、暫く泣き喚いた後、幸い眠気が勝って寝たら落ち着きました。

47kgで500mgを飲むのはやはり危険ですかね?
Posted by みー at 2010年12月16日 17:11
47kgなら体重的には問題ないと思いますよ。
100mg服用なら大丈夫だったのですね?
年齢はどれくらいでしょうか?
Posted by catfish at 2010年12月16日 18:49
47kgでも高齢者や小児だったら500mgどうなんでしょう体重よりは体質や体調かもしれません。
次回からはすぐ救急車呼んだ方がいいですよ。

受診の際にもクラビットで嘔吐、頭痛、むくみがあったことを必ず先生にお伝えくださいね。
Posted by catfish at 2010年12月16日 19:10
年齢は30歳です。

100mgは飲んでも問題なかったのですが、500mgで初めて激しい副作用を経験しました。

今まで別の薬(アレロック)で、喉の渇きや眠気くらいの副作用はありましたが、これほどとは驚きました。

痰が少し絡んでるくらい、我慢すれば良かったのかな…と後悔しました。

翌日、先生に訴えたら、「電話できる程度なら歩けるんでしょ?別の薬出すから、また来てくださいよ。」という、患者の立場に立っていない冷たい回答でした。

初めて行った町医者だったので、もう二度と行きません。。。

今後、別の病院に行く際には、「クラビット100mgは問題ないが、500mgは嘔吐、頭痛、むくみがありました。」と伝えるようにします。

ちなみに、例の町医者は問診表がありませんでした。診察室に入って数秒で「はい、はい、合わない薬ないね。妊娠してないね。はい、はい…OKね!」みたいな感じでした。。。

今は笑い話ですが、こんな酷い医者もいるんだなと勉強になりました。

別の患者とは「儲かって仕方ない!」みたいな会話をしていましたし。。。

こちらの趣旨に合っていない内容まで書き込んでしまったかもしれませんが、レスをいただいてありがとうございました。少し気分が軽くなりました☆
Posted by みー at 2010年12月17日 10:17
47kg、年齢は30歳です。

症状は風邪の後遺症のようなもので、放っておくと暫く痰が絡むのが続くので、それが嫌で耳鼻科に行ったのですが…

今更ですが、痰ぐらい我慢すれば良かったのかな?と思っています。

結局、副作用のみで何も回復していませんので。。。

別の耳鼻科でもらったムコダインで、頑張って治します!!

色々とありがとうございました。
Posted by みー at 2010年12月20日 11:01
私の娘もこの薬を飲んでひどい吐き気に襲われ動けなくなったことがあります。
100mgの時は大丈夫でしたが500mgの時に症状が出ました。
体重45キロの時でした。
体質もあるかもですが、やはり体重とかも関係あるのではないのでしょうか?
今日も風邪で病院に行ったところ、またこの薬が出され、飲むのをためらっているようです・・・。(前に具合が悪くなったことは伝えてあったのですが・・・。)
Posted by なつみ at 2010年12月20日 14:04
クラビットのシートや錠剤の形状変更、いい加減にしてほしいです。
何回変えたら気が済むのか第一は。
今回は三共の理由ですか?
まあ、パンスポの大きさと比べたらどっこいどっこいですかねえ。
ちなみに私はクラビットは動悸がして飲めません。タリビッドならOKなんですが…
抗生物質はあまり飲まない方がいいに決まってますが、チゲサイクリンの早期の認可を望みたいですね。
Posted by シャクヤク at 2010年12月20日 19:23
>シャクヤク様
コメントありがとうございます。
クラビットは高用量が出て一本化され、落ち着いてきますかね。
ジェネリックの高用量も出てくるでしょうから、その頃にまた諸々の変更があるかもしれませんが…。
Posted by くま☆ at 2010年12月21日 23:20
>catfish様

コメントが遅れ、申し訳ありません。
そして、ありがとうございました。

47kgの30歳、女性です。
今は何事もなかったかのようですが、
あの時は本当にビックリしました。

風邪の後遺症で痰が絡んでいたのですが、
その後、別の薬(ムコダインと漢方)で、
大分良くなって来ました。
Posted by みー at 2010年12月27日 14:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※コメントは承認後の表示となります。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29789141

この記事へのトラックバック:

クラビット錠の製剤見本がキター!!!
Excerpt:  先日の記事でクラビットの高用量規格については詳しく述べました。その製剤見本が届きました。&nbsp; 500mg錠:18.2mm(長径)&times;8.2mm(短径)&times;5.0..
Weblog: 旭川の薬剤師道場(ブログ)
Tracked: 2009-06-14 16:02

この記事へのトラックバック:

【厚労省】新薬9成分を薬価収載‐経口分子標的抗癌剤「タイケルブ」が登場
Excerpt: 補正加算を6成分に適用  厚生労働省は新医薬品9成分19品目を、19日付で薬価基準へ追補収載する。内訳は内用薬6成分12品目、注射薬2成分6品目、外用薬1成分1品目。...
Weblog: 薬事日報ウェブサイト
Tracked: 2009-06-14 20:59

この記事へのトラックバック:

新発売クラビットの用法用量の違いで実際の臨床成績は?
Excerpt:  これまでのエントリーで何度か述べた、クラビットの新しい用法用量と現行のそれとの比較データが存在するかどうかについてですが、MRさんの情報を自分なりに解釈すると、クラビットの用法用量による臨床成績を比..
Weblog: 旭川の薬剤師道場(ブログ)
Tracked: 2009-06-21 22:35


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...