新着記事

2006年02月16日

代替調剤

当薬局にもとうとう「代替調剤可」と書かれた処方せんがきました。お恥ずかしながら、1枚の処方せんにおおわらわです。

今回その対象となった医薬品は「キネダック錠50mg」。相当する後発医薬品はいくつかあるのですが、それらの中から薬剤の選択をせねばなりません。薬価収載、販売開始が去年の7月と割と新しく、当薬局のレセコンにもまだ登録されていないため、その登録作業も相まって半分パニックです。

「負担額を抑えたい」という患者さんの強い希望や色々な条件を加味して、沢井製薬エパタット錠50mgを選択いたしました。

短時間で薬剤選択を行うため、かなりの制約を伴います。また一方で有効性・安全性の評価など、しなければならないことはたくさんあります。現状、そのための環境が十分とは言えない部分もあります。

ここのところ興味を持って後発医薬品について勉強していますが、知れば知るほど自分の中で後発医薬品への疑問や問題点が沸き上がって来て、しかしその一方では後発医薬品を調剤しているという、自己矛盾といえば大袈裟ですが、考えさせられる部分がたくさんあります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※コメントは承認後の表示となります。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/349527


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...