新着記事

2006年02月17日

代替調剤 その2

昨日受けた「代替調剤可」のコメントが入った処方せんですが、処方した医師にしてみればどの医薬品で調剤されたかということが分かりません。そこで、薬局から医師への情報提供が必要になります。

使用した医薬品名はもちろんですが、当薬局では先発品との比較データをお渡ししています。

2006021601.JPGクリックで拡大

2006021602.JPG 2006021603.JPG

この比較データは各製薬会社のWebサイトからも取り出せますが、紙媒体ですぐに取り出したい場合、東邦薬品が提供するENIF端末を操作することにより、FAXで取り出すことができます。

20060217.JPG当薬局のENIF端末

但し、比較データを取り出せるのは、沢井製薬日医工共和薬品の3社のものになるようです。こういった情報提供の体制も、後発医薬品の選択に与える影響は小さくありません。そういったことを考えると、自ずと選択の幅は限られてきそうです。

この記事へのコメント
備忘録的自己レスです。
ENIF端末より比較データを取り出す方法。

<<メニュー>>
2.問合
1.添付文書/服薬指導
後発医薬品のJANコードを読む(又は21から始まる分割のコードでもOK)
[ENT]の前に[F3]を押下
 [服薬指導]または[両方]を選択、最後に[ENT]
[F1]-[ENT]にて送信
FAX受信

という流れです。
昨日取り出そうとした際に、忘れかけていたので。
Posted by くま☆ at 2006年03月11日 15:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※コメントは承認後の表示となります。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/354211


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...