新着記事
12/13
12/09
12/05
11/28
11/24
11/24
11/21
11/15
11/10
11/08
11/01
10/26
10/26
10/24
10/18
10/16
10/12
10/09
10/03
09/27

2010年04月19日

[review]オレンジブック保険薬局版<2010年4月版>

オレンジブック保険薬局版<2010年4月版>


4月15日に、オレンジブック保険薬局版<2010年4月版>が、薬事日報社から発売になりました。オレンジブックについては多くの方がご存知と思いますので、特に触れませんが、よろしければ過去記事をご覧下さい。

2006/05/19 知ってるようで知らないオレンジブック
http://blog.kumagaip.jp/article/698460.html

2006/05/20 知ってるようで知らないオレンジブック その2
http://blog.kumagaip.jp/article/701070.html

今回のオレンジブック保険薬局版ですが、多くの新しい情報が盛り込まれ、機能が充実しているとのことです。私が個人的に興味をひかれた部分をご紹介したいと思います。

まず、今回のオレンジブック保険薬局版最大のメリットと言っていいかもしれません。「インターネットによるデータ更新機能」がついていることが挙げられます。

付属のCD-ROMをインストールし、オレンジブック保険薬局版を立ち上げますとこんな画面が出てきます。右上の部分「インターネットによるデータ更新」のボタンがご覧いただけるでしょうか。

オレンジブック1004_1
クリックで拡大します

後発医薬品の薬価収載が5月と11月の年2回になりましたが、そういったデータについても、ネットを通じてデータ更新を行うことで迅速に手に入るというのは、大きなメリットでしょう。

今このブログを書きながら、実際にデータ更新をしているのですが、4月16日の新薬収載のデータが既にダウンロードされてきました。

それから、この版からのウリでもある、内服薬の「生物学的同等性資料」の作成も、かなり便利な機能です。こんな感じで出てきます。

オレンジブック1004_2
クリックで拡大します

本誌の方では、かなり細かいのですが、個人的に重宝しそうなのは巻末にある「メーカーリスト」ですね。先発・後発問わず、住所・電話番号からホームページアドレスまで記載されています。

制度的な解説も詳しく、版を重ねるごとにしっかりと作り込まれている印象がありますね。

オレンジブック保険薬局版 2010年4月版(薬事日報社オンラインショップ)

オレンジブック保険薬局版2010年4月版(amazon)


(関連リンク)

オレンジブック保険薬局版 2010年4月版(薬事日報社)
http://www.yakuji.co.jp/entry18892.html
23:30 | Comment(0) |

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37238782

この記事へのトラックバック:

オレンジブック保険薬局版 2010年4月版
Excerpt: 平成22年4月実施薬価基準全面改正準拠 付録CD-ROMの収録情報充実・機能向上 [1]内用固形製剤(後発医薬品)の「生物学的同等性資料」(添付文書情報から作成)が検索・印刷可能になり...
Weblog: 薬事日報ウェブサイト
Tracked: 2010-04-20 10:01


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...