新着記事

2011年01月07日

メルビン錠250mg販売中止 最終出荷は2011年9月頃

メルビン錠販売中止


大日本住友製薬が1961年から販売しているメルビン錠250mgですが、販売中止予定の案内が配布されています。実に50年もの長きに渡って使用されてきた「メルビン」の名前がなくなることになります。

販売中止の理由としては、同社が2010年5月に発売したメトグルコ錠250mgが、メルビン錠に比べて使用範囲が拡大されているためと書かれています。参考代替品としてもメトグルコ錠の名前が挙げられていますね。

メトグルコ錠については、過去にも話題にしましたので、ご参考までに。

2010/12/15 [日経DI]メトグルコはなぜ新薬として出てきたのか
http://blog.kumagaip.jp/article/42104776.html

2010/01/26 メトグルコ錠250mgが新薬収載されるワケ
http://blog.kumagaip.jp/article/34952849.html

メルビン錠の最終出荷は、バラ、PTPとも2011年9月が目処とされています。


類似薬の使い分け―症状に合った薬の選び方とその根拠がわかる
類似薬の使い分け―症状に合った薬の選び方とその根拠がわかる

この記事へのコメント
現在近隣以外の医療機関からメルビンの処方箋を受付けているんですが、
いつかメルビンが変わったとしてもメトグルコに変わるという保証はないんですよね。
グリコラン、メデット、ネルビスとかに変わる可能性もあるからグリコランを用意しておくべきか悩みます。
Posted by kense at 2011年01月12日 13:24
>kense様
確かに、何に変更になるかというのは分かりませんよね。
ちなみにもしメトグルコ錠を、後発品へ変更希望があったらどうしたらいいのでしょうね…。
Posted by くま☆ at 2011年01月12日 21:20
>メトグルコ錠を後発品へ

 これが大日本住友さんの真の狙いではないでしょうか。
普通に考えると、疑義照会なしでは変更不可ですよね。

 まぁ、もともと先発と後発で薬価差がほとんどないので、
後発希望の患者さんにメトグルコ出しても問題にはならないと思いますが。
Posted by kitten at 2011年01月12日 23:14
>kitten様
やはり後発品対策という側面もあるのでしょうかね。
薬価があまり変わらないので、そういう意味では変更のトラブルは少ないかもしれませんね。
Posted by くま☆ at 2011年01月13日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42441510


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...