新着記事
11/15
11/10
11/08
11/01
10/26
10/26
10/24
10/18
10/16
10/12
10/09
10/03
09/27
09/20
09/17
09/14
09/12
09/06
09/02
08/28

2011年09月15日

[薬局新聞]週刊トラックバックNEWS191

薬局新聞連載の「週刊トラックバックNEWS」第191回です。もしアプリが処方されるとなったら、それについての説明や情報提供をする人も必要になりますね。適任なのは薬剤師でしょうかね。

薬局新聞TBN191


 小欄ではこれまで、我々の業務支援的なものから患者ケアに役立つものまで、医療に関係するいくつかのiPhoneやAndroidのアプリを紹介してきた。大変興味深くご覧頂いていると思うが、米国ではFDAに承認されたアプリが登場しているという。

 WellDoc社製のDiabetesManagerと名付けられたそのアプリは、糖尿病患者のためのものだ。血糖値をはじめ血圧やライフスタイルに関わる患者データを収集・分析して、当該患者にリアルタイムで血糖値管理方法を提示するのだという。

 更に、患者から医師に対してデータ送信が行われ、医師側はそれに対してフィードバックも行えるというのだから、単なるアプリというよりも、医師と患者を結ぶためのコミュニケーションツールだと言ってもよいだろう。

 無作為比較試験も行われた結果、従来の治療を施した患者群のHbA1c低下が0.7%だったのに対し、このアプリを1年以上使い続けた群ではHbA1cが平均で1.9%低下したという。

 近い将来、日本でも薬価表に「アプリが収載」され、医師が「アプリを処方」するといったことも、現実のものになるのかもしれない。


Androidアプリ事典512 2011年度版

 Androidアプリ事典512 2011年度版

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47964592


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...