新着記事

2007年07月28日

[新発売]エフピーOD錠2.5

パーキンソン病治療剤「エフピーOD錠2.5」(一般名:塩酸セレギリン)ですが、7月下旬にOD錠が発売とのことです。

fp-od.JPG
「エフピーOD錠2.5」新発売の案内

メーカーの案内ページはこちらです。

エフピーOD錠2.5について(エフピー株式会社)

「独自技術TMBS」「水無しで服用」を謳っていますが、しかし併用を前提とした医薬品です。口腔内崩壊錠のメリットがどれほどあるのか検証が必要ではないでしょうか。

この記事へのコメント
元の錠剤が小さめですし、覚せい剤原料で管理も厳しいのにOD錠を出すメーカーの姿勢はいかがなものでしょう?最近の流行にのっただけの気が…。

そもそも口腔内崩壊錠によくある壊れやすさが手先がうまく使えない患者にとって錠剤の破損というリスクに繋がってしまう可能性は問題ないんでしょうか?
Posted by レッド at 2007年07月28日 15:46
くまさんいつも乙です。
先日エフピー錠の処方箋が回ってきたので、麻薬金庫を開けたら30錠期限切れでした。。。

新たに卸に急配かけて、古いブツを薬務課に廃棄に行ってきました。
本人立ち会いの元、お湯に溶かして流しに流すんです。あぁ〜一万円が流れてゆく〜。。。
「今度OD錠が出るんですってね。廃棄の時に溶けやすくなってよかったね」
って言ったら
薬務課の担当官も笑ってました。

Posted by ボルケーノ at 2007年07月28日 15:51
麻薬金庫に麻薬以外のものを保管するのは一応違反なのでは・・・
Posted by kense at 2007年07月28日 16:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4845166


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...