新着記事
12/09
12/05
11/28
11/24
11/24
11/21
11/15
11/10
11/08
11/01
10/26
10/26
10/24
10/18
10/16
10/12
10/09
10/03
09/27
09/20

2011年11月02日

調剤ポイント問題、「原則禁止」でいよいよ解決へ

ちょうど1年くらい前からですかね、業界を存分に(?)賑わせてきた「調剤ポイント問題」が、いよいよ解決となる見込みです。今日の中医協で議論されたようですね。

中央社会保険医療協議会総会審議会資料|厚生労働省

薬事日報でも報道されています。

【ポイントサービス】原則禁止へ‐来年4月に療担規則改正 : 薬事日報ウェブサイト

調剤ポイントは「原則禁止」ということで、具体的にはどうなるのか。細かい部分を見てみます。中医協の資料にありましたこの図が分かりやすいですね。

保険調剤に係る一部負担金へのポイントサービスについて
調剤薬局等における一部負担金の受領に応じたポイントの付与等について 資料(総−3)(PDF:322KB)より

ポイント付与は「原則禁止」ではありますが、クレジットカード(電子マネー含む)の使用に伴うポイントについては、患者の利便性を考慮して引き続き容認するようです。

それにあたって、「保険医療機関及び保険医療養担当規則」及び「保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則」を改正する、つまり療担規則に「ポイント禁止」を明確にうたうということですね。

施行は平成24年4月1日、ですからちょうど調剤報酬改定と同時ということになります。

「法整備がされてよかった、よかった」という見方もできるでしょうが、逆に言えば「法が整備されていなければやりたい放題なのか?」という部分もあるということです。

それを突き詰めて考えれば、グレーゾーンや法の盲点をついて、この先同様の問題が出てくる可能性はまだまだあるということですね。

(関連リンク)

” 来年4月から調剤ポイント付与が原則禁止へ(Update3) | アポネットR研究会・最近の話題

日経DIクイズ13

 日経DIクイズ13

この記事へのコメント
 原則禁止とのことですが、「例外が認められる要件が具体的にどのようになるか?」こそ重要だと思います。
 なので、調剤ポイントの実務上の扱いをどうするかという問題については、解決済み・半ば解決どころか、ようやくスタートラインに立ったという認識で丁度良いのでは、と思います。
Posted by HY at 2011年11月03日 11:56
>HY様
コメントありがとうございます。
結局その「例外」を巡って、抜け道を探ったり、新しい解釈が出てきたりと、イタチごっこになりそうな気もしますね。来年4月までに、もう一波乱あるのかもしれません。
Posted by くま☆ at 2011年11月03日 21:59
正直言って、調剤ポイントを行って調剤薬局側に「どうメリットがあったか」が知りたいです。

調剤ポイントを行った所の殆どが面分業だったと思いますが、そういう所は単独では採算が合わなかった所が多いものと推察しています。

それが調剤ポイントを行うことで採算ベースにまで押し上げることができたのか、それとも議論があったほどではなかったのか。

個人的には、「大してメリットがなく、引っ込め所がなかったのを、厚生労働省が助け舟を出した」とみています。

厚生労働省としては、面分業を支援したいでしょうし、今度の改正では変わりに何か出すかもしれません。
Posted by 霧華 at 2011年11月04日 00:11
局所的に赤字でもシェアを上げられたら良いのでは?
見かけの処方枚数は上がると思います。
利益が落ちれば現場スタッフの給料を減らすだけで、
役員報酬は維持するつもりでしょう。
Posted by ha at 2011年11月04日 02:57
ポイント付与の調剤薬局のメリットについて。
知り合いは、近所のドラックストアでポイント付与が開始されて以来、8000ポイント近く貯まったと言っていました。

薬はグリベックでした。
元々高額な薬品なので、普通に調剤薬局だけで調剤してもらうより、ポイントがつけば気持ち得した気分、と言っていました。

これが大方の気持ち(本音)だと思います。
今回は、グリベックでしたが、花粉症の薬など平気で2〜3000円掛かります。
そんな時、少しでも安くしたい、そんな消費者心理をうまく突いていたと思います。

またカードと異なり、ポイントをすぐに他の商品の支払いに還元できる点も支持されたのかもしれません。

一方で、私自身は普通の調剤薬局勤務です。
本音で言うと、一生懸命仕事をしても“ポイント”という差は埋めようがありません。
ですから、今回の“禁止”措置は公正な立場から歓迎です。
Posted by トム at 2011年11月04日 11:15
しかし、厚労省(中医協)の、カード支払は仕方ないって、言い方が納得いかないですね。

それと同じように、自動支払機だと明細書出さないでいいどころか有料で何千円も支払ったり。
レセコンから別に出すのが、そんなに大変なんですかね?
明細書は必ず、領収書と同時に渡さないといけない、なんてわけじゃないでしょう?
それこそ、お金払って領収書もらって、欲しい人は患者ID入れれば明細書出るようにするのが、2年間も猶予を与えて、しかも有料とか。
横道が長すぎてすみません。

でも、まじめにやってる庶民は常に損をするって感じ。

確かに高額な場合現金がなくて、カード支払とかあるでしょうけど・・・・今時は面倒だからカードでってのも・・・・

でも、高齢者はカードもってるのがめずらしいって思うし、一部の人だけに有利な決め方って、行政がやる事としては、おかしいと思います。
ダメなら全てダメにして欲しい。
不確かですが、タバコはポイントつかないんですよね???
だからできないわけじゃないと思いますけど。

と、またすごく横道ですが、残高足りなくて引き落とし翌月とかになった場合のポイントって、どうなるんでしょうか・・・?
Posted by ぽんた at 2011年11月04日 13:50
ポイントの使用が特定されないところが厚生労働省的にはOKなんでしょう。
ポイントをたくさんゲットするために全額自己負担でクレジットカードを使わせ、後で保険を取り戻すというサービスを教示する医療機関が見つからないぐらいじゃないと禁止にならないと思います。
Posted by 下っ端薬剤師 at 2011年11月04日 20:49
カードのポイントは、カード会社が付与するものであって、薬局が付与するものではない。

むしろ、薬局はカード決済を導入して継続的にコストがかかる。

よって患者が得するが、(直接)薬局が得するわけではないので、厚生労働省は容認する。

ここを否定すると、病院まで話が広がって、ますます面倒になるので、「一応の線引きをした」と考えます。

結局、自己負担が大きい人が得するだけなので、個人的にはあまり目の敵にはしていません。(賛同もしていませんが。)

当薬局の患者さんは、こども医療の方が多く、後発品の調剤も比較的多いので、自己負担が少ないものあります。

環境要因が大きいですね。
Posted by 霧華 at 2011年11月04日 22:54
>皆様
コメントありがとうございます。
今回中医協で(来年の4月からではありますが)ある程度話が固まってきて、結局それがよかったのかどうか、なんとも腑に落ちない部分もあります。

来週の「薬剤師的にどうでしょう」でも話題にしたいと思っていますので、またご意見いただければと思います。
Posted by くま☆ at 2011年11月05日 00:03
来店ポイントにすればOKです。

一部負担金に対してポイントを付与
するわけではないので。

Posted by happy at 2011年11月05日 16:53
「来店ポイント」は過剰な景品類の提供行為に該当しそうな気がします。景品表示法の上限までだったらOKなんでしょうか?大手ではクレジットカードが使用可能なところも多く当社もそうですので、ポイント禁止されたらクレジット支払い可能な点を大々的にアピールしたらどうか、なんて言ってます。どうなるかわかりませんけれど。いずれにしてもドラッグストアが顧客獲得に向けて通常の薬局ではできない次なる戦略を出してくるのは間違いないでしょう。

Posted by 勤務薬剤師 at 2011年11月06日 08:24
お得意の、・・・付与「等」と等がついてますからね。どうなんでしょう。来店ポイント。
調剤の一部負担金を支払うための来店ですからね。気に入らなければ何か言いそうです厚労省。

カード支払OKの宣伝はいいんですけど。
増えてくると、個別指導なんかがあった時に、未納金の管理事務が大変そう。
薬歴や調剤録に未納を反映させてないとか、色々メンドクサイ事言いそうな気が。
だって、薬担は、調剤に必要な事項を記載なんて、とんでもなくアバウトですし。
ちゃんと負担金を受領する事とも書かれていますから、ちゃんとカードで支払われているか確認義務はあるでしょう。
Posted by ぽんた at 2011年11月06日 11:49
>皆様
コメントありがとうございます。
「来店ポイント」といった話がすぐに出てくるくらいですので、恐らくこれまでポイント付与を行なっていたところもいろいろな手段を考えるのでしょうね。
Posted by くま☆ at 2011年11月06日 20:53
パブコメ、締め切りは1/31五時
地元薬剤師会から「ポイント付与」に関する
意見募集の連絡がきました。

http://www.hyoyaku.org/cntnt.php?cnt=38039

のでお知らせいたします。
Posted by キーボー@ニシノ宮 at 2012年01月30日 11:10
 今更なんですけど、
パブリックコメントって世論調査や人気投票じゃなかったはずです。
同様の意見だったら、何通あろうが「一件」です。
 みんなに意見を募集して、多様な意見が返ってくればもちろん有意義ですけど、
中身のない「賛成」や「反対」ばっかりが集まっても無駄ですよ。
Posted by とおりすがり at 2012年01月30日 15:42
「やらせ」の話が出ていること自体、アホです。

九州電力のことを反面教師としていないのでしょうか?

もっともこれが大事にならないのは、パブリックコメント自体が「なんら意味がないもの」との認識が広がっているからでしょう。
Posted by 霧華 at 2012年01月31日 00:09
>皆様
コメントありがとうございます。パブコメの結果が公表されていますね。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000083994
4月以降の状況に何か変化があるでしょうか。
Posted by くま☆ at 2012年02月09日 13:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49749780

この記事へのトラックバック:

【ポイントサービス】原則禁止へ‐来年4月に療担規則改正
Excerpt:  中央社会保険医療協議会は2日、薬局が患者から窓口で受け取る医療費の支払いに応じてポイントを付与する行為を、原則認めない方針を了承した。クレジットカードや汎用性のある電子マネーの使用に伴うポイントは、..
Weblog: 薬事日報ウェブサイト
Tracked: 2011-11-04 09:37


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...