新着記事
09/20
09/17
09/14
09/12
09/06
09/02
08/28
08/23
08/11
08/04
07/31
07/26
07/24
07/20
07/17
07/17
07/11
07/04
06/28
06/27

2011年12月10日

薬剤師的話題(2011.12.10):「ナウゼリンOD錠」「アマリールOD錠」発売 他

マイコプラズマ肺炎に関するQ&A 平成23年12月|厚生労働省

マイコプラズマ肺炎とはどのような病気ですか?今年増えていると聞きましたが、どうして増えているのですか


循環器の基本薬を使いこなす―腎機能保護を考慮した選び方・使い方のコツ (Bunkodo Essential & Advanced Mook)

 循環器の基本薬を使いこなす―腎機能保護を考慮した選び方・使い方のコツ (Bunkodo Essential & Advanced Mook)

サノフィ・アベンティス株式会社 - 経口血糖降下剤「アマリール OD錠」 本日発売

2型糖尿病に使用される経口血糖降下剤「アマリールOD錠 1mg、同3mg」(一般名:グリメピリド)を、本日、販売開始しましたことをお知らせいたします


協和発酵キリン_ニュースリリース_2011年12月5日 消化管運動改善剤 「ナウゼリンOD錠5」「同OD錠10」新発売のお知らせ

この技術は、協和発酵キリンが特許を有するSOLBLET(ソルブレット)で、一般的な錠剤と同程度の硬さを保ちながら、口の中で素早く溶けるという特徴があります


大日本住友製薬:高血圧症治療剤イルベサルタンとアムロジピンベシル酸塩の配合剤「DSP-8153」の製造販売承認申請について(PDF)

高血圧症治療剤のイルベサルタン(製品名:「アバプロ」)とアムロジピンベシル酸塩(製品名:「アムロジン」)の配合剤である「DSP-8153」(開発コード)について、2011年11月18日付けで、厚生労働省に製造販売承認申請を行いましたので、お知らせします

この記事へのコメント
ナウゼリンODは需要ありそうですね。本格的に吐きそうなときは、水ですら凶器ですからね(笑)
僕はこれに変更不可されても文句は言えないです。
ジェネリックとの競争があるからこのような
先発の素晴らしい改良がなされます。
ただ単純に長期収載品を引き下げるだけでは
得られないメリットの一つであることを医家側にも知って欲しいなと私は感じます。
Posted by 下っ端薬剤師 at 2011年12月12日 02:05
エルメッドエーザイは、ややでかいけど、湿製錠で、口の中ですぐ溶けます。もちジェネリック、です。別にメーカーの宣伝じゃないですが。
Posted by ぽんた at 2011年12月12日 17:25
同日にジェネリック品の名称変更による経過措置も公表されています。

しかも今回はふざけたことに来年3月末日まで。

4ヶ月でどうしろと。
Posted by 霧華 at 2011年12月12日 21:28
>皆様
コメントありがとうございます。
ナウゼリンは坐薬でいいのでは?って、それを言ったら、元も子もないですね(苦笑
いや、個人的には結構いいと思いますけどね、ナウゼリンOD。

経過措置は…、4ヶ月はちょっと厳しいですね。今からなら、再来年の3月くらいにしてほしいですね。
Posted by くま☆ at 2011年12月13日 23:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51735149


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...