新着記事

2012年03月15日

[薬局新聞]週刊トラックバックNEWS212

薬局新聞連載の「週刊トラックバックNEWS」第212回です。先日、厚生労働省のサイトがスマートフォン対応したという話題をご紹介しましたが、スマホシフトが進むことでメリットはもちろんのこと、新たなデメリットもありそうですね。

薬局新聞TBN212


 運転中の携帯電話使用に対して罰則が強化されてから、かれこれ久しい。その間、携帯電話の進化も凄まじく、当初通話にメール程度だったいわゆる「ガラケー」から、スマートフォンへシフトした。

 そんな中、海外の調査ではあるが、スマートフォンが運転に与える影響が調査された。イギリスのIAMによると、運転中のスマートフォン使用によって、反応が約38%も遅くなることが判明したという。

 更に詳しく見てみると、スマートフォン上でのソーシャルネットワーキングは37.6%、メール送信は37.4%、それぞれ反応が鈍くなるという。これらは大麻吸引の21%、飲酒の12.5%を大きく超え、大変危険な状態にあると言える。

 考えてみれば、スマートフォンは画面を見ることが多く、視線が完全に前方から逸れることになる。携帯電話による通話はもちろん危険だが、それよりも危険性が高いことは容易に想像できる。
 日本では通話、操作のどちらも罰則対象であるが、今一度、その重大性を認識すべき時期なのかもしれない。


ポケット判 治療薬UP-TO-DATE 2012年版

 ポケット判 治療薬UP-TO-DATE 2012年版

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54457267


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...