新着記事
09/20
09/17
09/14
09/12
09/06
09/02
08/28
08/23
08/11
08/04
07/31
07/26
07/24
07/20
07/17
07/17
07/11
07/04
06/28
06/27

2012年04月12日

[薬局新聞]ネットからリアルへとつなぐ

薬局新聞連載の「ソーシャルPメンター&ニュース」第2回です。

ソーシャルPメンター&ニュース2


前回に引き続き、井手口直子先生にお話をおうかがいします。

フェイスブック(FB)を始めてから、何か変わったことはありますか?ご自身だったりあるいは周囲だったりの変化がおありでしたらお願いします。

 「FBを始めてからというもの、いつも温かいものに包まれている幸せな感じがしています。友人とすぐに話せて、理解しあえる。だからリアルな友人もどんと増えました。学会やセミナーで嬉しい再開が増えました。とてもHAPPYです。」

 「それから情報がすごいですね。私も刺激を受けて勉強しています。エネルギーが高い人が多く書きこんでいますから、そういう方から沢山元気をもらっています。」

 先生はコミュニケーションがご専門で、この度博士号も取得されたとのことですが、ネットにおけるコミュニケーションのあり方について、お感じのことをお聞かせください。

 「FBの良さは何と言っても実名顔出しです。信さんともFBで会話してからお会いして、すっかり近い人な気持ちになってますし☆基本的に誰に見られても問題のない、恥ずかしくない書き込みを心がけています。読んでくれる相手に敬意を払えば当然のことですが。それからコメントへの返事はできるだけ個別にお返しするようにしています。自分もコメントへの返事がくると嬉しいですので。」

 次回は「実名と匿名」について、もう少し詳しくお話いただきます。


こころの治療薬ハンドブック 第8版

 こころの治療薬ハンドブック 第8版

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55247680


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...