新着記事

2012年05月17日

[薬局新聞]連絡ノートで医師との連携強化

薬局新聞連載の「ソーシャルPメンター&ニュース」第6回です。

ソーシャルPメンター&ニュース6


 前回に引き続き、イイジマ薬局のイイジマ伴典先生にお話をお伺いします。

 “連絡ノート”を作ってもらい活用する取り組みですが、もう1人の患者さんはどんな様子なのでしょうか。

 「もう1人は女性Bさん。この方は一人で病院に行けます。ひどくはないのですが軽度の物忘れ、薬をたくさん飲み残すなどで管理ができなくなったことがきっかけで、連絡ノートを作ってもらいました。毎回お薬をお届けに行った際に残薬やコンプライアンス、医師に伝えそびれた要望、生活上の不安などを聞き、ノートに記載するようにしました」

 Bさんにもやはりノートは購入していただいたのですね。しっかりとフォローしているようですが、相互連携などにも役立ったのでしょうか。

 「表書に”先生との連絡ノートです”と記載し、医師にコメントを書いてもらうようにお願いしました。圧迫骨折や狭窄症による痛みとそれに伴う鬱症状が重大だったため、メンタルクリニックの医師に処方薬の指定までしちゃいました。結果症状や生活が目に見えて改善し、医師も僕ももちろんBさんも大喜び!処方医も快く思っていただき現在も進行中です」

 なるほど、アナログの手帳の良さを最大限に引き出していますね。次回は手帳のあり方や可能性についてお伺いします。


「アルツハイマー」からおかえりなさい

 「アルツハイマー」からおかえりなさい

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55916553


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...