新着記事

2007年10月06日

[新発売]ジェニナック錠200mg

「富山化学が創製した新しいタイプのキノロン系合成抗菌剤」ということで、メーカー・卸とも結構力を入れているようです。

ジェニナック錠200mg、一般名は「メシル酸ガレノキサシン水和物」。用法は「1回400mgを1日1回」だそうです。メーカー発表は以下の通り。

キノロン系経口合成抗菌剤「ジェニナック®錠200mg」10 月5 日国内新発売のお知らせ (PDF 18KB)

薬価は200mg1錠 296.50円、1日薬価593円。クラビット錠100mg(183.9円)を300mg服用したとして1日薬価が551.7円と考えると、ものすごく高いって訳ではないのかな?

そういやクラビット錠も分1タイプの製剤が開発中らしいですね。特許切れもそう遠くないでしょうし、後発品が出てくる時期と前後して発売になるのか、と勘ぐってみたり。

新キノロン系抗菌剤「ジェニナック」発売−アステラス、大正富山、富山化学の3社(薬事日報)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5732991


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...