新着記事

2012年08月02日

[review]調剤と情報 2012年08月号

調剤と情報 2012年 08月号 [雑誌]


調剤と情報」という月刊紙、購読している方も多いかと思いますが、日本薬剤師会が監修しているだけあって、内容としては硬めの部類に入ると思います。

調剤と情報2012年08月号」では「一般名処方をめぐる諸問題と今後の展望」が特集として組まれています。

今回ご縁がありまして、その中の「事例で見る一般名処方の落とし穴」の部分を、根本みゆき氏(ねもと薬局グループ)、水八寿裕氏(ふくろうメディカル)、豊見敦氏(南海老園豊見薬局)らと共同執筆しました。こんな感じです。

調剤と情報2012年8月

調剤報酬改定から4ヶ月が経過し、また先月(2012年7月)には、一般名処方マスタ一般名処方加算の対象となる全ての成分・規格に拡大されましたので、一時期ほどの混乱はないかもしれませんが、問題が全て解決したわけではないでしょう。

その他、「一般名処方と薬剤師の役割」や「一般名処方がかかえる諸問題と今後の展望」、また「一般名処方に関する相談事例と疑義照会のポイント」、「一般名処方Q&A」等、一般名処方に関して多方面からスポットが当てられています。

それ以外の部分では、「薬を極めて服薬指導」でメマンチン塩酸塩(メマリー)が取り上げられていましたが、個人的にはかなり興味深く読むことができました。

調剤と情報 2012年 08月号 [雑誌]

 調剤と情報 2012年 08月号 [雑誌]
17:47 | Comment(0) |

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57394046


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...