新着記事
09/20
09/17
09/14
09/12
09/06
09/02
08/28
08/23
08/11
08/04
07/31
07/26
07/24
07/20
07/17
07/17
07/11
07/04
06/28
06/27

2012年09月16日

薬剤師的話題(2012.9.16):調剤ポイント規制を延期 他

厚労省 都道府県ごとにGE数量シェア目標 次期医療費適正化案で | 国内ニュース | ニュース | ミクスOnline

厚労省は、13年度からの17年度までの次期5カ年医療費適正化基本方針案で、新たに都道府県ごとにジェネリック(GE)の数量シェアなどの数値目標を盛り込み、GE使用促進策の取り組みを促す方針を示した


認知症 「不可解な行動」には理由がある (ソフトバンク新書)

 認知症 「不可解な行動」には理由がある (ソフトバンク新書)
薬の「三大副作用」、薬剤師との協働で改善 - 狭間研至・ファルメディコ(株)代表取締役社長◆Vol.3:m3.com | 医療維新

これまでの薬剤師の仕事は、処方せんをもらうのがスタートで、薬を渡して薬歴を書くことで、終わっていた。しかし、それはおかしい。「処方せんを出してからが勝負じゃないですか。薬が効いているか、また想定される副作用が出ていないかを見に行きましょう」と


ジェネリック医薬品、6割の医師が「効果乏しい」 - 薬剤師と薬学生の情報交換コミュニティ ココヤク

後発品の効果が先発品よりも「乏しい」または「乏しいことがある」と答えた医師は合わせて64%で、「同等」とした25%を大きく上回っていたそうです


調剤ポイント規制を延期 厚労省、反発に譲歩:日本経済新聞

9月中に各地の厚生局に通達する規制の運用基準に「調剤ポイントの禁止」という文言を盛り込まず、事実上開始を遅らせる

この記事へのコメント
そろそろ、この話題がどうなったのか知りたいところでした。
やはりそうなりましたね。

近所の某ドラックストアでも、今更ながら大々的に処方箋のポイント付与を店頭で宣伝(大きなポスターを貼っています)しています。
こんな状態で、今更できないことになりました・・・なんて、厚生省は言えないですよね。

しかし、小さな薬局としてはこの不条理がやはり納得がいきません・・・。
Posted by ゆり at 2012年09月21日 13:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58301289


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...