新着記事

2012年09月20日

[日経DI]カタチだけの「お大事に」では意味がない

DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」。言葉を発する際に、ちょっとだけでも体を向ける、顔を上げるといった動作が「気持ち」につながるのではないでしょうか。

 患者さんが薬を受け取って会計を済ませ、薬局を出る時、皆さんはどんな言葉を掛けていますか。「お大事にしてください」と見送る人が多いのではないでしょうか。「いやいや、患者さんがひっきりなしに来るから、一人ひとりお見送りまでしていられないよ」という忙しい薬局もあるかもしれませんが・・・・・・(苦笑)。今回は、「お大事にしてください」に代表される、患者さんに掛けるひと言について考えてみたいと思います。


続きは以下のリンクからご覧ください。

熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:カタチだけの「お大事に」では意味がない
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201209/526811.html

あなたも名医!新しい経口抗凝固薬、どう使う?―心房細動を診るジェネラリストのために

 あなたも名医!新しい経口抗凝固薬、どう使う?―心房細動を診るジェネラリストのために

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58378129


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...