新着記事

2012年10月18日

[薬局新聞]「PATH×HAMAMATSU」開催 若手中心に参加者の交流深め

薬局新聞連載の「ソーシャルPメンター&ニュース」第22回です。

ソーシャルPメンター&ニュース22


 静岡県浜松市で行われた第45回日本薬剤師会学術大会には、7500人余りの参加があったと聞きました。口頭発表、ポスターセッションを始め、日頃の成果の発表が行われる中、久しぶりの再開に、しばし時を忘れた人も多かったのではないかと思います。

 そんな中、若手薬剤師が集まるイベント「PATH×HAMAMATSU」が開催された。夜9時という遅い時間のスタートにもかかわらず、200人に迫ろうかという人が押し寄せた会場は大変賑わい、熱気にあふれました。また、日薬会長の児玉孝氏や参議院議員の藤井基之氏も応援に駆けつけるなど、周囲の期待の大きさも感じた次第です。

 鹿児島県の原崎大作氏らが発起人となってスタートしたこのイベントは、第1回の同県での開催を足がかりに、日薬学術大会に合わせて企画された。「PATH」とはPharmacist Action Think with HEARTの略であり、行動、考え、そして心にスポットを当てているということです。

 次世代を担う薬剤師たちは、どんな思いでこのイベントに参加し、何を感じたのか。そして参加者同士の横のつながりは、どんな化学反応を起こすのか――おそらくその一端は本企画でもリアルタイムでご報告できると思います。


病棟・外来・施設で使う向精神薬薬剤ノート

 病棟・外来・施設で使う向精神薬薬剤ノート

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59319273


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...