新着記事
03/20
03/13
03/06
02/28
02/20
02/14
02/07
02/06
01/26
01/23
01/19
01/18
01/09
01/04
12/28
12/19
12/15
12/13
12/09
12/05

2012年11月25日

薬剤師的話題(2012.11.25):職員と調剤薬局の危険な関係 他

身近な薬の落とし穴 警告!「市販薬」の意外な副作用 - NHK クローズアップ現代

岡村さんは1人でも多くの人に市販薬には副作用があることを知ってほしいとインターネット上に自分の体験をつづっています。
“ただ普通に飲んだかぜ薬が、こんなにも恐ろしい病気に発展するなんて知らなかった。この病気を知ってもらいたい。”


薬剤師とくすりと倫理―基本倫理と時事倫理

 薬剤師とくすりと倫理―基本倫理と時事倫理

“夕方5時までのチーム医療” : 薬事日報ウェブサイト

「薬剤師の病棟業務は“夕方5時までのチーム医療”と揶揄されることもあるが、本当に患者さんのことを思えば、それはできない」。先日取材した病院薬剤師からこんな言葉を聞いた


▽ <利用者購入の医薬品データ収集 懸念の声 NHKニュース

「医薬品のデータからは利用者の病気なども明らかになりかねず、厳格な取り扱いが求められる。十分な説明をしないまま利用するのは問題だ」として、中止を求める要望書を運営会社などに送りました


職員と調剤薬局の危険な関係:日経メディカル オンライン

当院の職員には、調剤薬局の薬剤師とは一定の距離を置き、節度を持って付き合うよう指導している。とはいえ、守られる保証は全くない。話のネタになるようなことをせず、マジメに診療を続けることくらいしか、予防策はないのかもしれない

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(非公開):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL(承認後の表示となります)
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60291926


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...